イメージ画像

1回の根管治療では術後疼痛は出現しやすいのか。

無症状でかつ鎮痛薬などを服用していない患者の再根管治療における、術後疼痛の出現および程度を、1回治療と2回治療で比較した臨床調査。
2回治療群では根管貼薬剤の違いで水酸化カルシウムとクロルヘキシジンのさらに2群に分け、術後7日目に根管充填を行った。
術後1日目、2回目、30日目において、1回治療群は2回治療群よりも術後疼痛の出現は有意に低かった(P<0.05)。
根管貼薬剤による術後疼痛の出現に有意差は認められなかった(P>0.05)。
(参考文献)
Edem Hepsenoglu Y, et al. Postoperative pain intensity after single-versus two-visit nonsurgical endodontic retreatment: a randomized clinical trial. J Endod. 2018; 44(9) : 1339-1346.
*****
日本では、保険制度の関係で根管治療を1回で行うケースはそれほど多くはないように感じます。
今回の報告で、必ずしも1回の根管治療の術後疼痛が出現しやすいというわけではないようです。
またむしろ、『術後1日目、2回目、30日目において、1回治療群は2回治療群よりも術後疼痛の出現は有意に低かった(P<0.05)』という結果が得られています。

2020年5月25日

hori (08:16)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

補綴装置として義歯を選択すると、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。

・補綴装置として部分床義歯を選択すると、その他の固定性補綴オプションの選択と比較して、残存歯喪失のリスクが3.65倍高い。
これは補綴治療の長期治療予後を分析した、ある後ろ向き研究の結果である。
これらの報告の中には、他の補綴オプションの選択が困難な口腔内状況の患者も含まれていると考えられ、RPDの適応症の広さゆえの結果ととらえることもできるだろう。
(参考文献)
Muller S, Eickholz P, Reitmeir P, et al. : Long-term tooth loss in periodontally compromised but treated patients according to the type of prosthodontic treatment. A retrospective study. J Oral Rehabil, 40: 358-367,2013.
*****
部分床義歯でばねがかかる歯には、元々その歯が受ける力以外に、義歯使用時に揺する力がどうしてもかかります。
そのため、義歯部分にインプラント補綴がある場合と比較して、残存歯喪失リスクが高くなるものと推測されます。
義歯にしても、ブリッジしても残存歯の犠牲のもとに成り立っている治療といえます。

2020年5月20日

hori (08:27)

カテゴリ:入れ歯の悩み

長顔女性への前歯インプラントは、将来的な審美障害に注意が必要である。

・Opdebeeckは1978年にショートフェイスシンドロームについて論じ、短顔の水平方向の成長(1.5ミリ)は長顔(0.3ミリ)の5倍、垂直方向では長顔21ミリ、短顔が9.5ミリで約2.5倍と報告している。
天然歯部位は近心へ成長・移動し、近心側への移動量は短顔の方が長顔より大きく、長顔では下顎前歯部で挺出および舌側移動の傾向が強い。
顕著なリスク要因を重ねると、上顎「短顔+女性+前歯インプラント→舌側に残る」、下顎では「長顔+女性+前歯インプラント→唇側に残る」という結果となる。
(参考文献)
Opdebeeck H, Bell WH. The short face syndrome. Am J Orthod 1978;73(5) : 499-511.
*****
問題となるのは、『短顔の水平方向の成長(1.5ミリ)は長顔(0.3ミリ)の5倍』よりも、『垂直方向では長顔21ミリ、短顔が9.5ミリで約2.5倍』の方です。
インプラントは歯槽骨に骨結合をしているので、三次元的な位置が変わりません。
一方、特に長顔の場合は、インプラント補綴が終了してから、歯槽骨の成長とともに、反対側の前歯の位置は大きく変化します。
21ミリも歯槽骨が成長されてしまうと、インプラント補綴と天然歯とでミスマッチな状態になります。
あるインプラントロジストは25歳以上なら、長顔女性でもインプラントを行うとしている一方で、40歳以上の長顔女性での前歯部インプラントで反対側天然歯との切縁位置にミスマッチが生じたケースがあるということも聞いております。
前歯部インプラントは将来的に審美障害が惹起される場合があることを知っておくべきでしょう。

2020年5月15日

hori (08:02)

カテゴリ:上顎前歯部のインプラントの

未処置根管により根尖病巣は惹起されやすいのか。

・CBCTを用いて、臼歯部の根管治療における未処置根管の影響を調べた研究
未処置根管および根尖病変へと診断するための診断基準は、
未処置根管では、
1.セメントエナメルジャンクションから根尖までの根管
2.歯根内で主根管から分岐した根管
根尖病変では、
1.歯槽硬線が破壊されている。
2.X線的根尖に関連する低密度領域が歯根膜腔の少なくても2倍。
歯種別の根尖病変出現率および未処置根管出現率を示す。
      未処置根管出現率     根尖病変出現率
上顎小臼歯    9%           52%
上顎大臼歯    40%           64%
下顎小臼歯    11%           45%
下顎大臼歯    23%            58%
根管病変は全体で59.5%にみられた。
未処置根管での根尖病変出現率は82.8%で、有意であった(P<0.05)。
根管未処置歯では4.38倍、根尖病変が出現しやすい。
上顎大臼歯MB2は65%が未処置であった。
下顎第一大臼歯遠心根は62%、および下顎第二大臼歯遠心根では78%で未処置根管がみられた。
(参考文献)
Karabucak B, et al. Prevalence of apical periodontitis in endodontically treated premolars and molars with untreated canal : a cone-beam coputed tomography study. J Endod. 2016; 42 (4) 538-541.
*****
上顎下顎にかかわらず、小臼歯は大臼歯よりも未処置根管があると、根尖病巣を惹起させやすいということが分かりました。
また興味深いのは、未処置根管出現率が部位別で最も高い上顎大臼歯では、根尖病変出現率がた部位と比較して、それほど高くないことです。
これは、上顎大臼歯でMB2の見落としの確率は高いものの、根尖病変出現率に直接的な影響は想像していたほど多くはないということになります。
一方、小臼歯で未処置根管があると大臼歯よりも根尖病巣の出現率が高いのは、根管の大きさがMB2よりも大きいことが多いことと関連があるものと推測できます。

フッ化物の使用は臼歯部よりも前歯部で高い効果が認められた。

・新潟県の一つの中学校の1年生に健診を行い、出身小学校でグループ分けしてう蝕経験歯面数を比較している。
人数はA校:145人、B校:157人、C校128人、D校:72人。
フッ化物配合歯磨剤の普及にしか実施できない古い研究だが、他の研究との比較などから、妥当な結果と考えられる。
教育だけでブラッシングや洗口をしない対照群のう蝕経験歯面数
A校 臼歯部 5.62
   前歯部 1.44
B校 臼歯部 5.28
   前歯部  1.82
ブラッシングを実施
C校 臼歯部 2.39
   前歯部 1.02
フッ化物洗口を実施
D校 臼歯部 3.73
   前歯部  0.23
(参考文献)
筒井昭仁, 小林清吾, 野上成樹, 堺修, 堀井欣一. 学校歯科保健における歯口清掃指導およびフッ化物洗口法の評価. 口腔衛生会誌 1983; 33(1): 79-88. 
*****
フッ化物の前歯部の効果は、(5.39-3.73)/5.39=1.66/5.39=0.308
フッ化物の臼歯部の効果は、(1.02-0.23)/1.02=0.79/1.02=0.7745
ということで、フッ化物の使用は臼歯部よりも前歯部で顕著に高い効果が認められたということになります。

根管治療後の歯列矯正はどのタイミングが良いのか。

適切な根管治療を行った場合に、いつから矯正移動開始できるかに関しては、現在まで明確なコンセンサスは得られていない。
Drysdaleらは6か月待つのが好ましいと報告し、ConsolaroやPaduanoらは、矯正力は治癒に影響しないため、15-30日でよいとという報告をしている。
(参考文献)
Consolano A, Consolano RB. Orthodontic movement of endodontically treated teeth. Dental Press J Orthod 2013 ; 18(4) : 2-7.
*****
根尖周囲組織がある程度治癒し、根管が無菌的に密閉したのちには、比較的早期に歯列矯正を行っても、あまり問題はないと個人的には考えています。
重要なことは、歯列矯正の内容が、生体が受け入れられる範囲内のストレスであるかどうかに関与しているように感じます。
インプラントも完全には骨結合していなくても、生体が許容できる範囲内のストレスであれば、負荷をかけても問題がないようです。

2020年5月 1日

hori (15:59)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

インプラントで必要な頬側骨骨幅。

・必要な頬側骨骨幅の再考:ビーグル犬による動物実験
(結果)
72本のインプラントが12匹のビーグル犬に埋入された。
36本は頬側骨が薄い部位(tbb:1.5ミリ未満)に埋入され、残り36本は頬側骨が厚い部位(TBB:1.5ミリ以上)に埋入された。
術中および治癒期間中に合併症などは認められず、すべてのインプラントは観察期間中に脱落することはなかった。
6匹のビーグル犬を埋入後8週で安楽死させ、生理学的骨吸収の影響を評価した。
tbbとTBBの比較では骨接触率で群間に有意差を認めなかったものの(P=0.977)、頬側内側骨喪失量(平均差3.65ミリ、P<0.001)および頬側外側骨喪失量(平均差3.96ミリ、P<0.001)ではtbbで有意に大きな骨吸収量を認めた。
一方で頬側内側骨喪失量(平均差0.55ミリ、P<0.001)および頬側外側骨喪失量(平均差0.95ミリ、P<0.001)ではTBBで有意に大きな骨吸収量を認めた。
残り6匹のビーグル犬ではその後、インプラント周囲炎を惹起させ、病的骨吸収の影響を評価した(インプラント36本)。
tbbとTBBの比較では頬側内側骨喪失量(平均差1.08ミリ、P<0.001)および頬側外側骨喪失量(平均差0.54ミリ、P<0.002)でTBBで有意に大きな骨吸収量を認めた。
頬側内側骨喪失量では群間に有意差を認めなかった(平均差0.32ミリ、P<0.10)。
(結論)
インプラント埋入後の生理学的および病的骨吸収を最小にするためにはインプラント埋入後に頬側に1.5ミリ以上の骨幅が必要であることが示された。
すなわち、1.5ミリ以上の頬側歯槽骨壁は術後の形態変化及びインプラント周囲炎による変化を補填するのに有用である。
しかしながら、この頬側骨の厚みはインプラントの脱落には影響を及ぼさなかった。
(参考文献)
Monje A, Chappuis V, Monje F, Munoz F, Wang HI, Urban IA, Buser D. The critical peri-implant buccal bone wall thickness revisiter : An experimental study in the beagle dog. Int J Oral Maxillofac Implants 2019 ; 34(6) : 1328-1336.
*****
インプラントの頬側骨幅は1.5ミリは必要ということになります。
これは特に前歯部では守らなくてはならない原則となります。

2020年4月25日

hori (08:11)

カテゴリ:上顎前歯部のインプラントの

根管治療が治療時間がかかる理由。

・根管の形態は必ずしも円錐形を呈していないことは周知の事実である。
Wuらは、下顎第一大臼歯の近心頬側根管において根尖側1/3で92%が根管の形態が正円形ではないことを報告している。
これら楕円形を呈している根管の根管形成に関して、手用ステンレススチールファイル(バランスドフォース法)を用いた場合には、61.4%も非切削エリアが存在することも報告されている。
また、米国歯内療法学会の発行する症例難易度評価フォームでは、30度以上の湾曲を有する根管やS字状を呈する根管、根尖部の直径が1.5ミリ以上の根管は症例として難易度が非常に高いと示している。
(参考文献)
Wu MK, van der Sluis LW, Wesselink PR. The capability of two hand instrumentation techniques to remove the inner layer of dentine in oval canals. Int Endod J 2003 ; 36(3) : 218-224.
*****
根管治療は治療回数や治療時間をより多く必要とされることが多いです。
今回の報告により、根管形態が円錐形態を呈していないため、根管拡大が必要不可欠であるとともに、根管洗浄もそれと同じくらい重要であることの理由となると考えられます。
根管治療は歯科の基本の処置といっても過言ではありませんが、近年高齢者でも歯を保存できる時代に突入しているためか、根管治療はより難易度が高まっているように感じます。

2020年4月20日

hori (08:42)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

日本人は砂糖消費量が少ないのに、虫歯が多い。

・WHOのコラボレーションセンターであるメルモ大学による国別の12歳児一人う蝕経験歯数(DMFT)のデータと、一人当たりの年間砂糖消費量のデータをもとに、両者の関係を調査したところ、日本は国際的に肥満が少ない一方、う蝕は比較的多い現状にあることが明らかになりました。
つまり、日本においては、国全体の平均的なう蝕経験を増加させている重要な因子が砂糖消費量以外にあると推測されます。
 
         一人当たりの年間砂糖消費量    DMFT
日本       13.9キログラム              1.4本
タイ       34.5キログラム              1.3本
米国       26.8キログラム              1.19本
オーストラリア  34.3キログラム              1.05本
カナダ      25.5キログラム              1.0本
スウェーデン   32.5キログラム              0.8本
フィンランド   24.5キログラム              0.7本
イギリス     32.3キログラム              0.6本
(参考文献)
Malmo University. Oral Health Country/ Area Profile Projyect. http://www.mah.se/CAPP/ (2019年11月19日アクセス)
 
Helgilibrary. Sugar Consumption Per Capita-All countries. http://www.helgilibrary.com/(2019年11月19日アクセス) 
*****
非常に興味深いデータです。
日本人の多くは歯列不正を有し、無意識に食いしばっている方が少なくありません。
それにより歯牙にクラックが生じ、そのクラックに沿ってう蝕が進行しているものと推測されます。

A型インフルエンザの予防には、ビタミンD3が有効.

・A型インフルエンザの予防には、ビタミンD3が有効であることが判明しています。
慈恵医大の分子疫学研究室が6-15歳までの小中学生を対象に行った研究では、プラセボ群に比べて、ビタミンD3投与群では42%もA型 インフルエンザ罹患率が少なくなりました(B型では有意差なし)。
アメリカ・エール大学の研究グループが、健康な成人の血清25-ヒドロキシビタミンDの値と、急性ウイルス性上気道感染症の発生率を調べた研究では、25-(OH)ビタミンD値が38ng/mL以上の群では、それ未満の群に比べて罹患リスクが1/3で、罹患日数も大幅に少ないことが分かりました。
(参考文献)
Am J Clin Nutr., 2010, May, 91 (5) : 1255-60
Plos One, 2010, Jun, 14: 5(6) : e 1108

2020年4月10日

hori (08:06)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

このページの先頭へ