イメージ画像

1日に5回の食事と食間に22個のキャラメルを1年間続けても、20%にう蝕ができていない。

被検者を砂糖の摂取量に応じて5群に分けてその経過を見た際に、糖質摂取量が最大に多いグループ(1日に5回の食事と食間に22個のキャラメルを1年間)ですら、20%にう蝕ができていない。

(参考文献)

Krasse,B: the Vipeholm Dental Caries Study: recollections and reflections 50 years later. J Dent Res. 80(9) : 1785-1788,2001.

*****

歯周病のなりやすさは、いわゆるスリランカ・スタディで明らかにされています。

日常的な口腔清掃の習慣がなく、歯科疾患に対する予防・治療などをいっさい受けたことがない、14-46歳のプランテーションで労働する集団を対象に、16年にわたる歯周疾患の変化を追った研究です。

10%は急速に歯周疾患が進行し、80%は慢性的にそれが進行したものの、8%は全く進行を認めなかったという結果が得られています。

驚くべきは、全く歯を磨かなかったにもかかわらず、8%は歯周疾患の進行が見られなかったということです。

一方今回の研究報告のテーマは、『糖質摂取量とう蝕のなりやすさ』です。

それによると、『糖質摂取量が最大に多いグループ(1日に5回の食事と食間に22個のキャラメルを1年間)ですら、20%にう蝕ができていない』という事実が得られました。

こうして考えてみると、『一見問題のある食習慣を続けていても、ヒトは一様に病気になるわけではない』、言い換えると『体質が結果に大きく影響する』ということを思い知らされます。

歯牙喪失の三大要因は、う蝕、歯周疾患、歯根破折といわれていますが、当院にインプラント相談で来られる方の主な歯牙喪失原因の多くは、歯周疾患と歯根破折の複合タイプと考えています。

そのような保存不可能な歯牙を抜歯して、インプラント治療を行った場合、歯牙が歯周疾患を患い、歯根破折を惹起したというその人の体質はそのまま受け継がれているわけですから、最も適切なインプラント治療を行うだけではなく、定期的なメンテナンスを継続しなければインプラントは長持ちすることはないだろうと考えられます。

2024年7月25日

hori (07:50)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

高血圧の有病率は、低所得者が高い。

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科健康推進歯学分野の相田潤教授の研究グループは、日本人の高血圧の健康格差の拡大傾向や、肥満などが格差に寄与する修正可能なリスク要因として重要であることを明らかにした。

(結果)

男性延べ68684025人、平均年齢54.7±9.6歳、女性延べ59118221人、年齢56.7±10.0歳だった。

高血圧の有病率は、高所得者層(男性33.3%、女性21.5%)よりも低所得者層(男性48.6%、女性40.2%)の方が高いという健康格差が認められた。

(日本歯科評論 2024年6月号 )

*****

私もサラダにドレッシングなしで食べたり、刺身に醤油をつけないで食べたりしているので、今回の結果も生活実感としては納得の内容です。

インプラントと義歯では、インプラントの方が格段に咀嚼力が上なので、インプラントの方が少ない調味料で満足できる可能性があります。

2024年7月 5日

hori (08:35)

カテゴリ:インプラントと若返り

Cracked Tooth Syndrome(CTS)への対応

CTSの治療で矯正バンドを用いて患歯を囲繞して固定後に咬合調整を行い、臨床症状の改善を待って歯髄を保存したまま全部被覆冠での歯冠修復を行った報告。

90%以上(122本中113本)が2か月以内に歯髄症状が改善していた。

逆に改善しなかった症例で不可逆性歯髄炎や歯髄壊死の診断にいたるまでの中央値は3か月であり、概ね2,3か月が歯髄保存の判断に要した時間だった。

また、術前の臨床症状が強いほうが歯髄の保存の可否の判断まで長い時間が必要だった。

(参考文献)

Characteristics of cracked teeth with reversible pulpitis after orthodontic banding- a prospective cohort study. Seet RF,et.al. J Endod. 2022; 48(12) : 1476-1485.

****

近年、歯冠破折歯、歯根破折歯は増加傾向にあり、抜歯即時インプラントで対応する方法がある一方で、歯髄を残せるかどうか2,3か月間痛みに耐えながら、歯髄の保存、歯牙の保存にトライする方法も存在します。

仮にCTS歯に対して、矯正バンドで患歯を固定する場合には、自由診療での対応になります。

2024年6月20日

hori (08:18)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

根尖突出歯は漏洩事故が起きやすい。

根尖孔からNaOClが漏洩した事故を経験した患者(漏洩群)と事故がなかった患者(コントロール群)を対象として、漏洩事故の解剖学的な原因を調べた研究。

無害なX線不透過性の溶液を用いて根管洗浄をし、CBCT撮影を行って分布を調べた。

コントロール群では皮質骨の開窓がなく、根尖単が骨内または病変内にあった。

漏洩群では根尖部の皮質骨が開窓し、根尖が突出していた。

(参考文献)

Mapping the periapex anatomical pattern of teeth involved in sodium hypochlorite accidents: a cross- sectional quasi- experiment study. Souza EM, et al. Int Endod J. 2021; 54 (8): 1212-1220.

*****

根尖突出、いわゆるフェネストレーション歯では、漏洩事故が起きやすい、という考えてみると当り前ではありますが、そのような視点は個人的には欠落していました。

根尖突出は、上顎中切歯、犬歯、第一小臼歯、第一大臼歯で多いということを考えると、この歯種における根管洗浄は注意が必要であるといえることでしょう。

2024年6月15日

hori (08:06)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

心房細動の再発を歯周炎治療で抑制。

心房細動に対するカテーテル治療を受ける患者のうち、重度の歯周炎がある人は、歯周炎治療によって心房細動再発を抑制できる可能性があると示唆された。
広島大学の研究グループは、同大学病院で心房細動に対してカテーテルアブレージョン治療を受ける患者288人を対象に、歯周炎治療が術後の心房細動再発に及ぼす影響を検討。
さらに、歯周炎の定量化指標となる歯周炎症面積に着目し、前例で歯周炎症面積を計測した。
その結果、歯周炎治療を受けた患者の心房細動再発率は16.5%だったのに対して、治療を受けなかった患者は28.3%であることが分かった。
歯周炎症面積高値群では、歯周炎治療を受けた患者の心房細動再発率は20%、受けなかった患者は48.4%だった。
(アポロニア21 2024年6月号 )
*****
血管内の血栓を惹起するリスクのある 心房細動 は、歯周炎治療を受けているかどうかで、再発リスクが大きく変化することが明らかになりました。

2024年6月 1日

hori (08:00)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

全国シニア「咬む力」ランキングで、1位は高知県!

ロッテが47都道府県別の65-80歳の男女に対して行った全国シニア「咬む力」調査によると、1位に高知県(偏差値77)、同率2位(偏差値69)に埼玉県、兵庫県、福岡県、同率5位に新潟県、富山県、静岡県がランクイン。
逆に、最も「咬む力」が低かったのは、栃木県(偏差値31)で、同率45位(偏差値33)に千葉県と広島県が並んだ。
(Dentalism MAY 2024 No.63 )
*****
全国シニア「咬む力」ランキング の存在を初めて知りましたが、興味深いデータであると感じました。
高知県民の天然歯残存率、義歯使用率、インプラント埋入数等を調査してみることも有益かもしれません。

2024年5月25日

hori (08:10)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

喫煙が虫歯リスクを高める4つの理由

1. 煙草に含まれるニコチンの影響により、虫歯の病原菌であるS.mutansのバイオフィルムが厚くなる。in vivoの研究でニコチンはS.mutans およびS.sanguisを増加させたとする報告もある。
2. 唾液中の免疫物質であるsIgA(分泌型免疫グロブリンA)が減少する。
3. 喫煙をすると唾液pHが低くなる。非喫煙者のpHは7.00だったのに対して、喫煙者は6.75±0.11で有意に低かったとする報告がある。
4. ニコチンにより口腔乾燥が起こる可能性がある。
(参考文献)
Huang R, Li M, Gregory RL : Effect of nicotine on growth and metabolism of Streptococcus mutans. Eur J Oral Sci, 120 (4) : 319-325,2012.
*****
喫煙は歯周病リスクやインプラント周囲炎リスクだけでなく、虫歯リスクも高めることが明らかになりました。

2024年5月15日

hori (08:04)

カテゴリ:インプラントと喫煙

口腔細菌の共生で口臭物質が増大。

大阪大学大学院歯学研究科天野教授らにより、口腔常在細菌のSg菌とFn菌が共生をすることで、口臭原因物質メチルメルカプタンが約3倍に増えることが分かった。
(アポロニア21 2024年4月号 )
*****
何らかの方法で、メチルメルカプタンが産生される経路を阻害することができれば、口臭を減らすことが可能と考えられます。

2024年4月25日

hori (08:17)

カテゴリ:インプラントと口臭

セメント質剥離は術前に確定診断できるものが約56%。

・セメント質剥離は術前に確定診断できるものが約56%、術後に診断されたのが約44% であったとの報告もある。
(参考文献)
Lin HJ, Chan CP, Yang CY, Wu CT, Tsai YL, Huang CC, Yang KD, Linn CC, Chang SH, Jeng JH : Cemental tear. Clinical characteristics and its predisposing factors. J Endod. 2011 ; 37(4) : 276-284.
*****
セメント質剥離は術前に確定診断できるものが約56%存在することが明らかになりました。

2024年4月15日

hori (08:58)

カテゴリ:上顎前歯部のインプラントの

インプラント埋入時における出血。

・重大な出血リスクとなる舌下動脈、オトガイ下動脈も存在する。
生命を脅かす口腔底への出血は術後数時間たってからでも起こりうるので、下顎前歯部において舌側の穿孔は決して起こしてはならない。
術前のCT画像で精査し、動脈の進入孔付近にインプラントを配置しないようにすることも肝要である。
(参考文献)
Budihardja AS, Pytlic C, Haarmann S, Holzle F. Hemorrhage in the floor of mouth after second-stage surgery: case report. Implant Dent. 2006 Jun ; 15(2)148-52.
*****
下顎前歯部および下顎小臼歯部の舌側の穿孔は、生命を脅かす出血に繋がる可能性があるので注意が必要です。

2024年4月 1日

hori (15:57)

カテゴリ:インプラントの偶発症

このページの先頭へ