イメージ画像

1ミリを超えるインプラントの圧下は20.8%

インプラントで修復された成人の自然な歯列については最近報告されている。
成人患者の最大50.5%が隣接する歯や歯槽頂の骨と比較して、4-18.5年の期間ののち平均0.58ミリのインプラントの圧下が発生する可能性がある。
この同じ期間内で、1ミリを超えるインプラントの圧下は20.8%を示した。
(参考文献)
Massaro C, Miranda F, Janson G, de Al,eida RR, Pinzan A, Martins DR, Garib D. Maturational changes of the normal occlusion : A 40-years follow-up. Am J Orthod Dentofacial Orthop 2018 ; 154(2) : 188-200.
*****
インプラントが圧下されるということは、その部分の咬み方が不足するということを意味します。
それはすなわち、インプラントを含む歯列や咬み合わせが崩れることにつながります。
プラークが付着しているか否かのチェックは当然として、咬み合わせのチェックも定期的に行わなくてはならないということになります。

2021年11月20日

hori (08:45)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

長期的にはファイバーポストのトラブルは多い可能性がある。

・Naumannらの11年の経過観察では、大きい実質欠損のある歯(2壁以上の欠損)では、築造材料にかかわらず、8年を境に急激にトラブルが増加し、短・中期的な研究結果とは全く異なる可能性があり、ファイバーポストの方がトラブルは多かったと報告している。
(参考文献)
Naumann M, Sterzenbach G, Dietrich T, Bitter K,Frankenberger R, von Stein-Lausnitz M : Dentin-like versus Rigid Endodntic Post : 11-year Randomized Controlled Pilot Trial on No-wall to 2-wall Defects. J Endod, 43(11) : 1770-1775, 2017.
*****
ファイバーポストによるレジン築造は、メタルコアよりも歯根破折を減少させるというメリットがある一方で、レジンセメントで接着しようとも、ファイバーポストもレジンもたわむゆえに、長期的には象牙質と築造体の間に間隙が生じ、脱離の原因となる可能性があります。

コロナウイルス手指衛生の効果

手指衛生で使うアルコール(70%エタノール)、38ppm次亜塩素酸水、3-10ppmオゾン水は、いずれも新型コロナウイルス感染症の原因ウイルス「SARS-CoV-2」に対して同等の不活性化効果がある。
日本歯科医学会の令和2年プロジェクト研究によるもの。
(アポロニア21 11月号 )
*****
手指衛生で使用されるアルコールが、意外と新型コロナウイルスの不活性化に効果があることが明らかになりました。

2021年11月10日

hori (08:24)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

昨年末までの新型コロナ感染者数:歯科医師73件、歯科衛生士74件

新型コロナウイルスの歯科医療機関での感染状況で、歯科医師の感染73件、歯科衛生士の感染74件などは確認されているが、歯科治療を介して感染拡大事例はいまだ確認されていない。
8月25日に開かれた日本歯科医師会の定例記者会見で示された資料によるもの。
(アポロニア21 10月号 )
*****
各種メディアで、「歯科医院ではエアロゾルが発生し、新型コロナウイルス感染リスクが増大するので、不要不急な歯科治療を受診するべきではない」という記事が散見されました。
(因みに、私の知人・友人の歯科医師・歯科衛生士で感染者は皆無です。)
今回のデータを基に、歯科医療従事者の新型コロナウイルスの罹患率は高いのか、低いのかについて検証してみました。
日本の歯科医師数はおよそ11万人、歯科衛生士数がおよそ14万人とすると、歯科医療従事者の新型コロナウイルス感染者割合は、0.059%になります。
(歯科助手、歯科技工士は除外します。)
一方、日本国の人口は現在およそ1億2068万人、そのうち新型コロナウイルス感染者数をおよそ171万人とすると、一般的な日本国民の新型コロナウイルス感染割合は、1.41%ということになります。
歯科医院内でクラスター発生率はほぼゼロ、歯科医療従事者のコロナウイルス感染割合は、一般的な日本国民の半分以下ということが明らかになりました。
ネット上の情報は、ガセネタも多いと聞きますが、歯科治療受診による新型コロナウイルス感染リスク増大もガセネタだったのでは?と考えています。
とある研究報告では、定期的なメンテナンスを受診しない場合、その8割の方の口腔内はゆっくりと状態が悪化しているといわれています。
新型コロナ蔓延が落ち着く時期が、将来到来するとは思います。
しかしながら、そのころには、新型コロナウイルが問題となる以前には何とか保存できていた歯牙が、保存困難でインプラントも視野に入れなくてはならない状態になるケースが増加するように思えてなりません。

フレイル高齢者は肺炎のリスク1.9倍

フレイルの高齢者は、1.9倍肺炎にかかりやすく、1.8倍重症化しやすい。
新潟大学大学院齋藤教授らが明らかにした。
研究グループは、2016年から17年に行った、約18万人の要介護認定を受けていない65歳以上の高齢者の健康と暮らしに関するアンケート調査データを統計解析。
過去1年で「肺炎にかかったか」もしくは「肺炎化インフルエンザに罹ったのち、肺炎で入院したか」を調べた。
肺炎に関する年齢や性、教育年数、所得、家族構成、婚姻状況、喫煙、肺炎にかかりやすく重症化しやすくなる病気、肺炎球菌予防接種等の影響を除去して解析した結果、フレイル高齢者はフレイルでない高齢者と比べて、約1.9倍肺炎にかかりやすい可能性が
示唆された。
また、フレイルの前段階の高齢者も1.3倍肺炎にかかりやすいことと判明。
さらに、1.8倍肺炎で入院しやすい可能性があることも分かった。
(アポロニア21 10月号 )
*****
フレイルの高齢者は身体の姿勢を維持できない方が少なくないために、口腔内細菌を含んだ食物残差が肺に侵入することによって、誤嚥性肺炎を罹患するリスクが高いものと考えられます。
肺炎予防のためにも、体幹を支える筋力が低下しないように、日々意識し、努力することも必要かと思います。

2021年11月 1日

hori (08:20)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

誤嚥性肺炎、80代が最多

誤嚥性肺炎は80代に最も多く、BMI値が低い入院時では、「CRP値が低い」「脳血管障害や認知症、神経疾患の依存が多い」「病院・介護施設に入院・入所している症例が多い」などの特徴があ
る。
東北大学医学研究科の香取教授らが行った大規模調査によるもの。
調査は、2019年に宮城県内の8つの基幹病院で入院治療を受けた肺炎患者1800人を対象に実施。
誤嚥性肺炎の割合は38.4%で、高齢者、特に80代に最も多く、08年時のピーク70代から高齢化の影響があったと分析している。
2週間以上入院した誤嚥性肺炎患者に対する嚥下機能を改善する治療の実施は51%、嚥下内視鏡検査は嚥下介入患者の20%、嚥下透視検査は5%にとどまっていた。
(アポロニア21 10月号 )
*****
誤嚥性肺炎は、80代の高齢者に多いことが明らかになりました。

2021年10月25日

hori (08:37)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

智歯抜去後の第二大臼歯遠心面に対する機械的デブライドメントの効果は?

このレビュー論文は、智歯抜去後の第二大臼歯遠心面に対する非外科的歯肉縁下デブライドメントの効果のエビデンスを評価することが目的とされています。
レビューの対象となった論文は、当該部位に対するスケーリング、またはルートプレーリングの効果を、プラセボまたは治療しなかった場合と比較した研究で、外科的処置を行った研究は対象としませんでした。
インターネットおよびマニュアル検索によりヒットした論文から、2人のレビュアーによりPRISMA声明に基づいて段階を踏み、論文を除外していきました。
また、割り振りの順番、割り振りの隠蔵機構、マスキング、不完全なアウトカム、選択的アウトカム報告、その他についてクオリティが評価され、
1. バイアスのリスクが低い。 2. バイアスのリスクが高い。 3. バイアスのリスクは不明の3つ分類されました。
結果、752編の論文から、基準を満たした4編の論文が選択されました。
全体的にサンプル数は少なく、15-30人ほどでした。
2編の論文では、スプリットマウスデザインが用いられていました。
3編の論文では、デブライドメントと未治療の場合の結果が比較され、1編では手用スケーラーと超音波スケーラーの効果が比較されていました。
また、論文によっては、歯周組織破壊の徴候がない部位が選択されている場合と、あることが選択基準に含まれている場合がありました。
論文のなかで、割り振り順番の作成、隠蔵機構、マスキング法について、バイアスのリスクが低いと考えられたのは、1編だけで、ほかの論文ではバイアスリスクは高いかまたは不明でした。
また、研究デザインがすべてが異なるため、メタアナリシスはできませんでした。
Leungら(2005)の研究では、超音波スケーラーによる治療の結果、治療しなかった場合と比較してプロービングポケットデプスの減少が有意に多く見られたと報告されましたが、歯肉退縮や臨床的アタッチメントレベル、BOPについては、差異がありませんでした。
Ferreiraら(1997)の研究では、治療2か月後、対照群と比較して、実験群でPPDやCALの改善が多く見られました。
最もクオリティが低いと評価されたOsborneら(1982)の研究では、治療した場合としなかった場合で差が見られませんでした。
これらの研究の結果、超音波スケーラーによるデブライドメントと3度の来院によるプラークコントロールプログラムが、PPDのレベルでみると効果的である可能性が示唆されましたが、研究の規模は小さく、まだそういえるだけの根拠はあまり強くないと考えられました。
(参考文献)
Valeria R, Patricio M, Rodrigo L: Effect of mechanical debridement on dital periodontal aspect of second molars after the extraction of third molars: A systematic review of periodontology. 83(5) : 595-601,2012.
*****
当該部位に基本治療を行ったうえで、反応が悪い場合には、外科処置を行うべでき出ると考えています。

「食後30分は歯を磨かない方がよい」は本当なのか?

この実験モデルにおいては、酸蝕後、ブラッシングを行う時間を最大4時間まで空けても、そのメリットは見られなかった。
現在のところ、「食後30分はブラッシングをしない」というコンセプトの根拠はなく、酸蝕症による実質欠損が明らかな患者に限って考えるべきであろう。
(参考文献)
Adrian L, Jonas L, Thiago S C, Barbara C: Toothbrushing after an erosive attack: Will waiting avoid tooth wear ? . European J of Oral Sciences, 122(5) : 353-359-2014.
*****
酸による侵襲を受けることで歯質はミネラルを喪失し、0.2-3.0μmほどの範囲が軟化するといわれています。
このことから、食後すぐに歯を磨くことにより、歯がダメージを受けるとの考えが生じました。
さらに、唾液によるエナメル質の酸蝕や摩耗に対する再石灰化能についての分析が行われ、酸蝕症を誘発するような食べ物や飲料水を摂取した後は30-60分は歯磨きをするのを待つべきという考えが生じました。
しかし、唾液中の露出を2時間行っても、エナメル質の耐酸蝕効果が見られなかったとの報告もあり、結論が出ていません。

コロナ禍で院内感染対策費が対前年度比で35%増加

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、歯科医療機関における院内感染対策費に大きな変化が起きているようだ。
日本歯科医師会が行った「院内感染対策費に関する調査」によると歯科材料費は1か月間約10万円増加しており、中でも衛生用品の増加が対前年比35 %増と目立っている。
特に、マスクやグローブ、消毒用エタノールなどの購入量の増加、および購入単価の上昇が影響したようだ。
また、令和2年度中に感染対策費として新規に購入した物品の平均額は約90万円。
パーテーションや空気清浄機、自動検温装置を購入したという歯科医院が多かった。
加えて、診療から次の診療の間の清掃等準備時間が約3分増加。
これは、1日20人の診療をした場合、コロナ禍前と比較して診療後の清掃等準備に約1時間も多く時間を要しているということだ。
目に見えないところでの経費労力も増えている。
(Dentalism JULY 2021 NO.46 ) 
*****
コロナ禍で院内感染対策費が対前年度比で35%増加したそうです。
歯科医院は意外とクラスターが発生していないことと関係がある可能性があります。

2021年10月10日

hori (08:17)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

唾液分泌量が少ないと虫歯リスクが増大する。

・日本の成人を対象とした研究では、虫歯経験歯率のオッズ比を刺激唾液の分泌量で比較した結果が示されています。
刺激唾液の分泌量が少なくなるにつれて、虫歯経験率のオッズ比が高くなる傾向がみられ、3.5mL/分超のオッズ比を1.0とすると、2.5mL/分以下の人のオッズ比は約1.8でした。
(参考文献)
Shimazaki Y, et al. Stimulated salivary flow rate and oral health status. J Oral Sci 2017 ; 59(1): 55-62.
*****
今回紹介した論文以外にも、刺激唾液の分泌量が1.0mL/分以上の比較して、0.6mL/分以下の人出は虫歯リスクが2.4倍あったとする米国における研究報告もあります。
唾液の中には細菌の増殖を抑える働きのある物質が存在するため、唾液が少ない人は虫歯、歯周病、インプラント周囲炎に罹りやすいといえます。
また、唾液が少ないと口臭発生原因の一因となります。

2021年10月 5日

hori (08:42)

カテゴリ:インプラントと口臭

このページの先頭へ