インプラントが必要な状態にならないために必要なことの最近のブログ記事

野菜を食べて、虫歯予防?!

・これまでの基礎研究で、口腔細菌叢を1-5時間程度の短時間砂糖とともに培養する際に、硝酸塩が存在すると、培養環境の酸性化を抑えられることが報告されています。
この結果を受けて、硝酸塩を多く含むビーツの根のサプリメントの単回投与が、実際のヒトの口腔内の糖質発酵に由来する唾液の酸性化を抑制できるかどうかを調べる実験が行われました。
その結果、硝酸塩摂取4時間後に砂糖水で洗口しても、細菌叢による乳酸の産生は少なく抑えられており、菌叢中でRothia属の1種が増加していました。
口腔内には、Rothia属やNeisseria属のように、硝酸塩を還元して、酸を中和するアンモニアを産生する菌がいますが、唾液細菌叢中でRoshia属やNeisseria属の比率が高いと乳酸産生量が少ないという関係が示されました。
これらの結果は、口腔内に硝酸塩が存在すると、口腔細菌の糖質発酵時におこる口腔環境の酸性化を抑制できる可能性を示しています。
今後、硝酸塩を多く含む野菜(ビーツ、ほうれん草、小松菜、レタス)の摂取が歯の健康に与える長期的な影響を評価する必要があるでしょう。
(参考文献)
Rosier BT, et.al. A single dose of nitrate increases resilience against acidification derived from sugar fermentation by the oral microbiome. Front Cell Infect Microbiol 2021 ; 11 : 692883.
*****
硝酸塩を多く含む野菜を摂取すると、口腔内の酸性化を抑制することで、虫歯を予防することができる可能性が示唆されました。

ロイテリ菌を含む乳酸菌の酸産生能

乳酸菌は、ブドウ糖、オリゴ糖、乳糖などの糖質を発酵して乳酸を産生する能力を有する菌の総称です。
その一種であるロイテリ菌は、ロイテリンと呼ばれる抗生物質を産生し、ピロリ菌やクロストリジウム菌、サルモネラ菌、大腸菌など、腸内の数種類の有害な細菌や真菌などの生育を阻害する能力を有しています。
また、ロイテリン以外にも、人体に有用なビタミンB12やB9を産生する能力が高いことが報告されています。
口腔内への影響については、ロイテリ菌を含むヨーグルトを1日1個、2週間連続で食べると、別の種類の乳酸菌が入っているヨーグルトを食べた時よりも、唾液中のミュータンス菌の数を減少させる効果があったという報告がありますが、2週間で食べるのをやめると、その1週間後にはロイテリ菌がほとんど検出されなくなるとの報告もあり、毎日食べ続ける必要があると考えられます。
一方で、ロイテリ菌を含む乳酸菌の酸産生能はミュータンス菌よりも強いことが報告されています。
また、乳酸菌は象牙質う蝕のう窩から検出されています。
(参考文献)
Haukioja A, et. al. Acid production from sugars and sugar alcohols by probiotic lactobacilli and bifidobacteria in vitoro. Caries Res 2008 ; 42(6) : 449-453.
*****
ロイテリ菌を含む乳酸菌の酸産生能はミュータンス菌よりも強いということが明らかになりました。

根面う蝕のリスク因子

1990年から2018年までの間に報告された127報の根面う蝕のリスク因子に関する論文のうち、分析対象としての条件を満たす40の横断研究を統合解析したシステマティックレビューがあります。
そこでは、年齢、歯肉退縮、喫煙、社会経済的地位、フッ化物配合歯磨剤の不使用、口腔衛生状態が根面う蝕に関連するリスク因子として挙げられ、より高齢で、教育レベルが低く、収入が低く、喫煙者で歯肉退縮があり、フッ化物歯磨剤を使用せず、口腔衛生状態が悪い人は根面う蝕のリスクが高いと結論づけられています。
また、面白いことに、親しい友人が多いほど根面う蝕が少ないことも報告されています。
(参考文献)
Zhang J. et.al. Factors associated with dental root caries.: A systemtic review. JDR Clin Trans Res 2020 ; 5(1) : 13-29.
*****
より高齢で、教育レベルが低く、収入が低く、喫煙者で歯肉退縮があり、フッ化物歯磨剤を使用せず、口腔衛生状態が悪い人は根面う蝕のリスクが高いということが明らかになりました。

根面う蝕の形成機序

1. 根面表層の細菌が酸を産生
2. 酸が根面/象牙質を構成する無機質部分からミネラルを放出させる(脱灰の進行)
3. 根面/象牙質の有機質(マトリックス)が露出
4. 酸が象牙質および唾液中のたんぱく質分解酵素(MMP:マトリックスメタロプロテアーゼ)を活性化
5. 根面/象牙質の有機質(マトリックス)の分解開始
(参考文献)
Takahashi N, Nyvad B. Ecological hypothesis of dentin and root caries. Caries and Root Caries Res 2016 ; 50(4)422-431.
*****
根面う蝕の形成機序が明らかになりました。

ソブリヌス菌とカゼイ菌の共存により、象牙細管への侵入効率アップ。

Miller(1890)は、象牙細管への細菌の侵入を初めて証明し、象牙細管内細菌叢が球菌と桿菌から構成されていることを報告しました。
その後、どのような種類の口腔細菌が象牙細管に侵入する能力を有するのかが複数の研究者によって詳細に調べられ、う蝕原因菌ミュータンス連鎖球菌など、放線菌の一種であるネスランディ菌、乳酸菌の一種であるガゼイ菌、またう蝕原因菌以外にも口腔連鎖球菌のゴルドニー菌、腸球菌の一種であるフェカリス菌が象牙細管に侵入する能力を有していることが明らかになりました。
また、興味深いことに、ミュータンス連鎖球菌群の中でも強力なう蝕原因菌であるソブリヌス菌とプロバイティクスに用いられることが多いカゼイ菌が共存した場合、これらの菌の象牙細管への侵入効率が高まることも報告されています。
(参考文献)
Nagaoka S et. al. Microbial induction of dentinal caries in human teeth in vitro. J Endod 1995 ; 21(11) : 546-551.
*****
ミュータンス連鎖球菌群の中でも強力なう蝕原因菌であるソブリヌス菌とプロバイティクスに用いられることが多いカゼイ菌が共存した場合、これらの菌の象牙細管への侵入効率が高まることが明らかになりました。

パスタは虫歯になりやすい?!

でんぷんのう蝕原性(虫歯の成りやすさ)を評価する場合、生の芋なのか、ふかした芋なのかなど、異なる性質のでんぷん質食品のそれぞれのう蝕厳正に注目する必要があります。
ただし、動物実験、ヒトのプラークのpH反応、エナメル質や象牙質の脱灰に関する研究から、現代人の食生活で利用される加工食品のでんぷんにう蝕原性があることは疑いの余地がないと考えられています。
また、食後にもっとも口腔内のpHが下がるパスタは、でんぷんの加工食品の中でもっともう蝕になりやすいという報告があります。
全粒粉パン   :pH6.15
コーンフレーク :pH6.10
食パン     :pH5.98
ごはん     :pH5.93
パスタ     :pH5.84
(参考文献)
Pollard MA. Potential cariogenicity of starches and fruits as assessed by the plaque-sampling method and an intraoral cariogenicity test. Caries Res 1995;29(1)68-74.
*****
個人的には、クリームパスタを食べた食後に、口腔内でのプラークの増殖が気になる場合があります。
パスタ単味だけではなく、パスタソースに使用される片栗粉や砂糖が合わさって、食後に口腔内のpHを下げているような気がします。
また、「白米が健康寿命を縮める (花田信弘)」という本の中で、以下のような記載があります。
参考にしてください。
*****
チンパンジーには虫歯も歯周病も起こらない。
原始的なチンパンジーの食生活と近代的な人間とのそれとで、どこが決定的に違うかというと、「加熱したものを食べているかどうか」です。
非加熱のデンプンはβデンプンですが、加熱するとαデンプンに変わります。
柔らかくなったαデンプンは唾液のアミラーゼ酵素で分解されやすくなりますが、それによって多糖類が二糖類の麦芽糖に分解されるために、悪玉菌のエサになってしまいます。

埋伏智歯の存在する際の臨在歯のリスク

・Oenningらは、近心傾斜埋伏もしくは水平埋伏した下顎智歯に対してCBCTによる解析を行った結果、隣在歯である第二大臼歯に49.43%の頻度で外部吸収性歯根吸収が見られたことも報告している。
同時に、Nunnらは416人の男性の埋伏智歯と第二大臼歯の病的関連性を25年以上のデータを用いて解析した結果、軟組織によって埋伏している智歯が存在している場合に第二大臼歯に関する病変リスク(う蝕や歯周炎)は4.88倍増加したことや、隣接する智歯が骨内に埋伏している場合は2.16倍リスクが増加していたことを示した。
(参考文献)
Oenning ACC,et al. Mesial inclination of impacted third molars and its propensity to stimululate external root resorption in second molars -- a cone-beam computed tomographic evaluation. J Oral Maxillofac Surg. 2015;73(3): 379-386.
*****
水平埋伏下顎智歯の隣在歯である第二大臼歯に49.43%の頻度で外部吸収性歯根吸収が認められたことが明らかになりました。
また、軟組織によって埋伏している智歯が存在している場合に第二大臼歯に関する病変リスク(う蝕や歯周炎)は4.88倍増加することも明らかになりました。

チタンは硬くて外せないのか?

チタン冠除去に関しては吉田らの報告を参照すればよいでしょう。
この報告では、チタンクラウンの除去に冠除去用カーバイトバーを用いて、切断に要する時間とバーの耐久性を検討しました。
新しいバーを使用し、同じ厚さのクラウンを切断する場合、チタンは金銀パラジウム合金に比較して約3-4倍の時間を要しましたが、その時間は1分弱と、それほど 時間を要するとはいえない結果でした。
(参考文献)
吉田展也, 服部雅之, 白井やよい, 他:チタンの切削に関する研究?チタン鋳造冠の除去についての検討. 補綴誌, 44:100-105, 2000.
*****
チタンの切断に関しては、金銀パラジウム合金の切断と比べて訳3-4倍の時間がかかることがわかりました。

ピル服用患者はドライソケットになりやすい。

下顎智歯の抜歯後にピルを服用している女性患者は、非服用者に比べて1.8倍、ドライソケットになりやすいことが報告されています。
ピル投与は、肥満、喫煙、高年齢、また手術による不動状態は血栓塞栓症のリスクを上昇させます。
ガイドラインでは、45分を超える手術では手術の4週間前から休薬し、術後、不動状態が解除されるまで服用再開を避けることが推奨されます。
ドライソケットは下顎埋伏智歯の抜歯後に多く発生し、リスク因子として、年齢、性別、喫煙、手術時間、含嗽、そしてピルなどがあげられます。
ピル服用者の少ない日本では、ピルとドライソケットの関連の報告はありませんが、欧米の12論文をまとめたメタアナリシスによると、「ピル服用群のドライソケットの発症は非服用群よりも有意に高かった」という結果です。
そのメカニズムとして、エストロゲンによる繊維素溶解作用の増強により、抜歯窩の血餅が溶解するためと考察されています。
(デンタルダイヤモンド 2021年12月号 )
*****
ピル服用者に下顎埋伏智歯を抜歯すると、ドライソケットという抜歯後の痛みが持続した状態になりやすいので注意が必要です。
非服用者と比べて服用者は1.8倍ドライソケットになりやすいようです。

長期的にはファイバーポストのトラブルは多い可能性がある。

・Naumannらの11年の経過観察では、大きい実質欠損のある歯(2壁以上の欠損)では、築造材料にかかわらず、8年を境に急激にトラブルが増加し、短・中期的な研究結果とは全く異なる可能性があり、ファイバーポストの方がトラブルは多かったと報告している。
(参考文献)
Naumann M, Sterzenbach G, Dietrich T, Bitter K,Frankenberger R, von Stein-Lausnitz M : Dentin-like versus Rigid Endodntic Post : 11-year Randomized Controlled Pilot Trial on No-wall to 2-wall Defects. J Endod, 43(11) : 1770-1775, 2017.
*****
ファイバーポストによるレジン築造は、メタルコアよりも歯根破折を減少させるというメリットがある一方で、レジンセメントで接着しようとも、ファイバーポストもレジンもたわむゆえに、長期的には象牙質と築造体の間に間隙が生じ、脱離の原因となる可能性があります。

このページの先頭へ