インプラントが必要な状態にならないために必要なことの最近のブログ記事

キーストーン病原菌 P.g菌

・無菌マウスと通常の細菌叢が存在するマウスに、それぞれP.gを混入した懸濁液を2日に一度口腔内に注入しました。
すると、通常のマウスにのみ骨吸収が生じました。
しかし、それらのマウスから検出されたP.gの数はごくわずかで、全細菌叢の0.01%にも満たない数でした。
他方、その他の常在菌の数は増え、細菌叢も変化しました。
したがって、この場合のP.gの役割は、直接骨吸収を引き起こしたということではなく、常在菌の細菌叢の組成に変化をもたらし、その結果骨吸収が起こったということになります。
・通常の細菌叢をもつマウスで、補体という免疫にかかわるタンパクの一部(C3aまたはC5a:白血球を炎症部位に呼び寄せる働き)のレセプターがないものにP.gを与え続けたものです。
結果、通常のマウスのような骨吸収が起こらなかったことが観察されました。
そして、常在菌の数や組成も変化しませんでした。
すなわち、補体の一部が機能しないマウスでは骨吸収が起こらなかったということになります。
したがって、P.gは補体の一部を利用することで、常在菌の組成や量を調節する役割があり、その結果、炎症反応の増加や骨吸収が引き起こされると考えられます。
・これらの事実と、P.gの免疫応答や炎症反応を抑制する機能から、歯周炎における役割は、宿主の防御機能を低下させることで、常在菌の量や組成に変調を引き起こすことであると考えられます。
さらに、歯周炎患者のポケット内のP.gの量全体の割合は少ないことがほとんどです。
生物学では、少ない個体で生態系に影響を与えるような動物のことを「キーストーン種」とよびます。
P.gも、少ない数で常在細菌叢に大きな影響を与えることから「キーストーン菌種」あるいは「キーストーン病原菌」とよばれます。
(参考文献)
Darveau RP, Hajishengallis G, Curtis MA : Porhyromonas gingivalis as potential commmunity activist for disease. J Dent Res, 91(9) : 816-820,2012.
*****
全細菌叢の0.01にも満たない量のP.g菌が存在するだけで、常在菌の細菌叢の組成に変化をもたらし、その結果骨吸収を起こすことが分かりました。
P.g菌が直接骨吸収を引き起こしているわけでない点が、興味深いです。

プラーク除去効率は歯磨剤の使用による違いがない。

・歯磨剤を使っても、使わない場合と比べてプラーク除去効率に違いがないと結論づけられています。
(参考文献)
Valkenburg C,Slot DE, Bakker EW,et al. : Does dentifrice use help to remove plaque ? A systematic review. J Clin Periodontol, 43(12) : 1050-1058,2016.
*****
歯磨きが上手な人は、歯磨剤がなくても結果が変わらないかもしれませんが、個人的には、歯磨剤を使用した方が安心感があると考えています。

歯肉退縮と根面う蝕

・歯周治療の後によく起こる歯肉退縮と根面露出。
根面のセメント質はSRPによって薄くなっているか剥がれているので、象牙質が歯肉縁上バイオフィルムに直接触れます。
エナメル質の臨界pHは5.5ですが、象牙質の臨界pHは6.5です(象牙質は脱灰しやすい)。
バイオフィルムのpHを5.5にするほど強い酸を出せるのはミュータンス連鎖球菌などに限られますが、pHを6.5程度にする弱い酸を出せる細菌種はたくさんいます。
しかも、これらの菌は砂糖がなくても炭水化物があれば酸を出すので、甘いものを食べない中高年でも、ごはんや麺類の糖質で根面う蝕ができます。
根面う蝕の発生はあったという間です。
(歯科衛生士 2019年6月号 )
*****
メンテナンス等で歯周病が安定した状態を維持できる可能性はありますが、今度は根面う蝕の問題が出てきました。
根面う蝕は歯冠部にできたう蝕とは異なり、う窩と神経の距離が近いために、う蝕が容易に神経に到達します。
またその部分から歯根破折を起こす場合もあるので、インプラントと咬み合う天然歯やインプラントと隣合う天然歯では、状態のよくない天然歯は抜歯する方が良い場合もあります。

なぜ侵襲性歯周炎という診断名はなくなったのか。

・2018年のヨーロッパ歯周病学会で新しい歯周病分類が提唱されました。
この分類では、侵襲性歯周炎が慢性歯周炎に包括されました。
侵襲性歯周炎と慢性歯周炎の臨床所見は明らかに違います。
それなのに、なぜ侵襲性歯周炎という診断名はなくなったのか。
それは、侵襲性歯周炎と慢性歯周炎の原因に明らかな違いがないからです。
実は、「侵襲性歯周炎の原因はよくわからない。特に日本人の侵襲性歯周炎は慢性歯周炎の原因と同じである可能性が高い」と書いてあります。
これが侵襲性歯周炎という診断名が消えた理由です。
これからは、侵襲性歯周炎の病態を示す歯周炎は、「疾患感受性が大きく影響している慢性歯周炎」と考えることになります。
(歯科衛生士 2019年6月号 )
*****
侵襲性歯周炎と慢性歯周炎の臨床所見は明らかに違うにもかかわらず、侵襲性歯周炎と慢性歯周炎の原因に明らかな違いがないというのは、非常に興味深い内容です。
科学の進歩に期待したいところです。

カンジタはミュータンスによって形成されたバイオフィルムによる象牙質脱灰を増悪させる。

・カンジタはミュータンスによって形成されたバイオフィルムによる象牙質脱灰を増悪させる。
S.mutansはう蝕原生細菌、C.albicansは免疫機能が低下すると日和感染症を引き起こす真菌として知られており、相互の関係性はあまり知られていなかった。
バイオフィルムのう蝕原生を高めるのは、微生物の菌量よりC.albicansとS.mutansとの相互作用によるバイオフィルムの構造の変化や酸産生の増加に起因していた。
本研究はC.albicansがう蝕原生バイオフィルムの病原性を増大させることを報告する先行研究を支持し、微生物間の相乗作用のメカニズム解明に向けた今後の研究に重要な意味を持っている。
システマティックレビュー(Xiao J, et al. Caries Res 2018)では、C.albicansを保菌する子供は、C.albicansを保菌していない子供と比較して、幼児期においてう蝕発症のリスクが5倍高いことが示され、う蝕とC.albicansの関連を示唆している。
これらの報告から、C.albicansはS.mutansのう蝕原生を増強することにより間接的にう蝕リスクに関与する可能性があり、また根面う蝕のキーストーン病原体ともいうべき存在であると考えられ、根面う蝕の発症機序で重要な役割を担っている。
(参考文献)
Sampaio AA, Souza SE, Ricomini-Fiiho AP, Del Bel Cury AA, Cavalcanti YW, Cury JA. Candida albicans increases dentine demineralization provoked by Streptcoccus mutans biofilm. Caries Res 2018 ; 53(3) : 322-331.
*****
C.albicansを保菌する子供は、C.albicansを保菌していない子供と比較して、幼児期においてう蝕発症のリスクが5倍高いことが明らかになりました。

非超弾性形状記憶性Ni-Tiロータリーファイル

・超弾性Ni-Tiロータリーファイルは力が加わると曲がり除荷するとまっすぐに戻ろうとする。
湾曲根管形成中もまっすぐに戻ろうとするので、ファイルは外湾側に押し付けられる。
・非超弾性形状記憶性Ni-Tiロータリーファイルはスプリングバック( まっすぐに戻ろうとする )せず、根管の中心を保った形成ができる。
・周期疲労試験において、非超弾性形状記憶性Ni-TIロータリーファイルは超弾性Ni-TIロータリーファイルの約5倍の破折抵抗を有し、折れにくい。
また、口腔内温度で非超弾性のため、スプリングバックせず、Ni-TIファイルでもプレカーブを付与することができる。
非超弾性計上記憶性Ni-TIロータリーファイルは根管の湾曲に応じて自在に曲がり、根管追従性に優れている。
拡大形成は根管の中心に位置を保ったまま行うことができ、根管形成中に想定以上の負荷が加わる刃部の螺旋が開いて破折を防止する。
使用後は羽部に変形が見られてもすぐに破棄せず、加熱滅菌を行う。
オートクレーブなどによる滅菌後、形状記憶効果により元の形態に回復していれば、繰り返し使用可能である。
元の形態に戻らない場合には塑性変形を起こしていると判断し、破棄となるので管理が容易である。
(日本歯科医師会雑誌 2019年 VOL.71 NO.12 )
*****
メーカーが新製品を出しても、興味がわかないことが多かったのですが、この商品は個人的にはとても気になります。
今回の報告に間違いがなく、治療結果も安定しているのならば、当院でも導入していきたいと考えています。

治療せずに経過観察だけしていると10年で3本歯を失う。

・治療せずに経過観察だけしているとある文献では、10年換算で3.6本の歯を失っている。
またほかの文献では、2.5本となっている。
そのため、ざっくり10年で約3本喪失する。
(参考文献)
Buckley LA, Crowley MJ. A longitudinal study of untreated periodontal disease. J Clin Periodontol 1984 ; 11 : 523-30.
*****
20歳の時に28本歯がそろっているとすると、10年に3本ずつの喪失スピードでは、80歳で10本しか残らないことになります。
一方、2018年の仙台市の8020達成率は、64.1%というデータと比較すると、治療せずに経過観察だけになっているケースは現代ではレアケースといえるかもしれません。

歯周ポケットが深い複根歯では、外科の適応。

・歯肉縁下のSRPであるが、熟練した歯科衛生士でも確実に除去できる歯周ポケットの深さは3.73ミリと意外に浅い。
言い換えると、4ミリ以上の歯周ポケットになると取り残す可能性が高いといえる。
ただし、近年拡大鏡やマイクロスコープを用いることでSRPの正確性が高くなり、より深い歯周ポケットでも除去できる可能性はある。
また、Mellonigらは、フラップ手術とSRPの効果を歯周病専門医と一般開業医で比較し、歯周ポケットが深くなるほど、非外科的療法でのデブライドメントは不確実になると述べている。
さらにこの傾向は複根歯で顕著で、4-6ミリの歯周ポケットにSRPを行った場合、歯周病専門医でも完全に除去できたのは25%以下で、開業医のFOPの方が有効であったと報告している。
このように、非外科的歯周治療では歯周炎の原因であるバクテリアを確実に除去することが難しく、それゆえ治療後のSPTにおいても、再発のリスクが高くなる。
これらのことから、4ミリ以上で活動性(BOP(+))の深いポケットでは、歯周基本治療のみではプラークコントロールしにくい部位が残るため、歯周外科処置の適応と考えられる。
(参考文献)
Stambaugh RV, Dragoo M, Smith DM, Carasali L. The limits of subgingival scaling. Int J Periodontics Restorative Dent 1981 ; 1(5): 30-41.
Brayer WK, Mellonig JT, Dunlap RM, Marinak KW, Carson RE. Scaling and root planting effectiveness : the effect of root surface access and operator eperience. J Periodontol 1989 ; 60(1); 67-72.
*****
歯周ポケットが深くなるほど、非外科的療法でのデブライドメントは不確実になること。
さらにこの傾向は複根歯で顕著で、4-6ミリの歯周ポケットにSRPを行った場合、歯周病専門医でも完全に除去できたのは25%以下で、開業医のFOPの方が有効であったことが明らかになりました。

垂直歯根破折に関しては41%がポスト未装着歯。

・垂直歯根破折は、ポストに咬合力が加わり歯根破折を起こすこともよく経験しますが、垂直歯根破折に関しては41%がポスト未装着歯でした。

(デンタルハイジーン 2018年12月号 )

*****

垂直歯根破折といえば、メタルポストという印象がありましたが、ポストなしでも歯根破折は生じていることに驚かされました。

個人的にはメタルポストを保険の材料で入れようとした場合、どうしても太くて短いメタルポストになりやすいので、歯根破折が惹起されやすいのではなかろうかと推察しています。

歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?

・25名の参加者に対して、先に歯ブラシで歯を磨き、次にデンタルフロスを使って歯間空隙を清掃するように依頼した(歯ブラシ?フロス)。
同じ試験群に対し、フロスを使った後にブラシで歯を磨くよう依頼した(フロス?歯ブラシ)。
研究者らは、全般的に歯間および口腔内の歯垢の量は、参加者がフロス-歯ブラシ法を行ったときに有意に減少したことを明らかにした。
研究者らは、フロッシングは歯間部の細菌と残屑を解きほぐすために、次にブラッシングを行うと、これらの粒子をさらに口内から取り除くことができると主張した。
(Dental Tribune Japan Edition 12/2018 )
*****
歯ブラシとフロスで口内清掃を行う場合に、フロスを先に使用した方が有意に口腔内の歯垢の量が少ないようです。
フロスを先に使用するようにしましょう。

このページの先頭へ