インプラントと歯内療法の最近のブログ記事

根管治療後の垂直性歯根破折発生率および発生するまでの期間

・根管治療後の垂直性歯根破折発生率および発生するまでの期間:約7%、術後5年以内
垂直性歯根破折(VRF)に関連する要因(患者、症状、治療、時間)を調査するために行われた。
後ろ向きコホート研究、ポストを用いずに歯冠修復されVRFが疑われる既根管治療歯(294歯)を対象とし、外科的に歯肉を剥離してVRFを確定診断した。
患者の平均年齢は54.34(±12.69)歳でで、289歯でVRFが確認された。
女性患者、高齢患者(>40歳)の頻度が高く、根管治療後VRF診断までの期間は4.35(±1.96)年であった。
VRF歯にみられた特徴的所見を以下に示す。
(好発部位)下顎大臼歯34%、上顎小臼歯22.8%
(X線写真所見)暈状透過像48.7%、歯根膜腔拡大23.4%
(根管充填の質)過剰根管充填79.2%
(臨床所見)打診痛60%、圧痛62%、限局的な歯周ポケット81%、瘻孔腫脹67%
(参考文献)
PradeepKumar AR, et al. Diagnosis of vertical root fractures in restored endodontically treated teeth: A time-dependent retrospective cohort study. J Endod. 2016; 42 (8) : 1175-1180.
*****
根管治療後の垂直性歯根破折発生率および発生するまでの期間は、約7%、術後5年以内という結果が得られました。
私が関わった根管治療歯で、垂直性歯根破折はそれほどないので、個人的には一般的な根管治療歯の予後はあまりよくないのだなと感じました。

2019年7月10日

hori (09:04)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

歯の破折強度に対する水酸化カルシウム長期根管貼薬の影響

・歯の破折強度に対する水酸化カルシウム長期根管貼薬の影響
ヒツジ切歯根管内への水酸化カルシウム製材の長期貼薬は、歯の破折強度に影響を与えないことが示唆された。
したがって、歯根破折の原因として、水酸化カルシウムの使用よりも歯根象牙質が薄くもろいといった形態学的要因が重要と考えられた。
(参考文献)
Kahler SL, Shetty S. Andreasen FM, Kahler B. The effect of long-term dressing with calcium hydroxide on the fracture susceptiblity of teeth. J of Endod. 44 (3) : 464-469, 2018. doi: 10.1016/j.joen.2017.09.018.
*****
これまで水酸化カルシウムという貼薬剤を長期間使用すると、歯根破折を誘発するとされてきましたが、それらの論文報告とは全く結論の異なる論文があるようです。
統一的見解が得られていないので、今後のさらなる研究成果を期待したいです。

2019年7月 1日

hori (08:50)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

根尖孔の拡大は歯根破折の発生を高めるのか?

・根尖孔の拡大は歯根破折の発生を高めるのか?
抜去歯を用いて破折抵抗性を調べた論文
ヒト抜去小臼歯(単根)を用い、作業長を根尖孔よりマイナス1ミリ(マイナスミリ群)、あるいは根尖孔まで(0ミリ群)として、NiTiファイル(K3, SybronEndo ; #25, 0.08 テーパー)で根管形成した。
試料をそれぞれさらに2群に分け、一方は#45, 0.02テーパーでの根管形成を追加した。
未処置根管のコントロール群を除くすべての試料をcontinuous wave of condensation法で根管充填した。
圧縮荷重試験を行い、破折時の荷重を調べた結果を示す。
根管充填前の荷重値は、すべての群でコントロール群より有意に小さい値であり(P<0.05)、作業長によらず#45, 0.02テーパー<#25, 0.08テーパー(P<0.05)、また形成サイズによらず0ミリ群<マイナス1ミリ群であった(P<0.05)。
一方、根管充填後の荷重値は、すべての群で根管充填前より有意に大きい値であった(P<0.05)。
大きい根尖孔の拡大は破折抵抗性を低くできるが、根管充填は破折抵抗性を回復することが示唆された。
(参考文献)
Prado M, et al. Resistance to vertical root fracture of root filled teeth using different conceptual approaches to canal preparation. Int Endod J. 2016; 49(9) : 898-904.
*****
圧縮荷重試験では、破折時の荷重の大きさが大きいほど丈夫であり、小さいほど丈夫ではないということになります。
この論文の結果では、『作業長によらず#45, 0.02テーパー<#25, 0.08テーパー(P<0.05)、また形成サイズによらず0ミリ群<マイナス1ミリ群であった(P<0.05)。』とあります。
ということは、作業長を根尖孔よりも1ミリアンダーにし、根尖孔はなるべく過剰に切削せずに、テーパーは大きめに付与するのが歯根破折を防止する根管形成方法であるということになります。
ただ、根尖が最初からラッパ状に開いているケースや、根尖が汚染されているケースでは根尖孔を拡大しないわけにはいきません。
そのため、やむなく根尖孔を拡大しなければいけなくなったケースでは歯根破折リスクをあらかじめ患者さんに伝えておく必要があるかもしれません。

2019年6月25日

hori (08:37)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

患者利益という側面からみて、最新技術は画期的なのか?

 ・日本におけるマイクロスコープの普及率は飛びぬけていることが知られているもの、海外に比べて治療成績が高いかというと、そのように関連付けた言説はあまりない。
・CAD/CAMのクラウンは、適合においても審美性においても歯科技工物として従来品より優れているとはいえないというのは事実です。
(アポロニア21 2019年 5月号 )
*****
30年ほど前に、日本の歯科医療にマイクロスコープを導入しようとしたきっかけは、術者の姿勢が悪いためにおこる頸頚腕症候群などの職業病を予防しようというものでした。
また、従来のクラウンを製作していたラボサイドは「汚い」「危険」「キツイ」の3K職場だったことを考えると、現在のCAD/CAMのクラウンは製作者にとっては夢のような変化です。
しかし、患者利益という観点からすると、それほど画期的ではないのです。
そのため、個人的には"最新が必ずしも最善とは限らない"と感じるようになりました。

2019年6月10日

hori (08:18)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

日常的なデンタルX写真におけるアンダーの判定は意外と不正確。

・CBCTと比較した論文では、デンタルX線写真におけるアンダーの判定は、三次元的な到達度評価とは大きく異なることが示されている(デンタルでアンダーと判定された25本中20本が、CBCTではフラッシュであった)。
その報告では、成功率は到達度には影響されず、根管充填の緊密度に影響されるという結果であった。
(参考文献)
Liang YH, et al. Endodontic outcome predictors identified with periapical radiographs and conebeam computed tomography scans. J Endod. 2011; (3):326-331.
*****
日常的なデンタルX写真におけるアンダーの判定は意外と不正確であることがわかりました。
すべてのケースでCBCTを撮影して確認することはできませんが、治療の際に、実際に自分が行った感覚と、CBCTの結果のすり合わせをする必要がありそうです。

2019年5月25日

hori (08:27)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

ナノダイヤモンドで根管治療の成績向上。

・ナノダイヤモンドが抜髄後に消毒された根管を保護し、完治の可能性を高めることが示された。
研究者らは、根管治療中の3名の患者において、ナノダイヤモンドを埋め込んだガッタパーチャ(NDGP)の試験を行った。
その後を検査したところ、NDGPは、従来のガッタパーチャよりも曲がりや破損に対する耐性が強いことが確認された。
3名全員が適切に治癒し、異常な痛みも感染も見られなかった。
「この試験では、ナノダイヤモンドを利用することで、とりわけ困難な歯内療法の症例から整形外科、再生医療などに至るまで、様々な手技の障壁の克服につながるという大きな見込みが得られた」と、共著者でUCLAの歯内療法学のMo Kang教授は語った。
(参考文献)
Climical validation of a nanodiamond-embedded thermoplastic biomaterial.  Proceedings of the National Academy of Sciences.

2019年5月20日

hori (09:34)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

「歯性上顎洞炎」の割合は意外と多い。

・上顎洞は上顎骨内に存在する空洞で、容積は約15ml、自然口を介し中鼻道と交通している。
上顎洞底から最も近い値は、上顎第一大臼歯の口蓋根で0.83ミリ、次に第二小臼歯、第一小臼歯と続き、平均は1.97ミリとの報告がある通り、解剖学的にも非常に近接しているといえる。
・上顎洞炎のうち、「歯性上顎洞炎」の割合は4割に及んでいるとの報告がある。
(参考文献 )
Patel NA, Ferguson BJ. Odontogenic sinusitis: an ancient but under-appreciated cause of maxillary sinusitis. Curr otolaryngol Head Neck Surg. 2012 ; 20(1) : 24-28.
*****
上顎大臼歯部にインプラント埋入を行う際には、隣在歯が感染根管ではないか注意する必要があります。

2019年4月25日

hori (08:29)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

根管が見落とされている確率

・根管が見落とされている確率
右上7:33.3%、6:41.3%、5:12.3%、4:5.2%
左上7:27.7%、6:46.5%、5:9.9%、4:10.3%
右下7:22.7%、6:20.1%、5:4.4%、4:18.2%
左下7:20.6%、6:18.1%、5:2.7%、4:35.3%
ということは、左下4が見落とされている根管が多いことになります。
その特徴は、2-3割が根管中央付近で分岐する2根管であることが関連し、根管が見落とされている確率が、右下4では18.2%であるのに対して、左下4では35.3%と大きな隔たりがあることから、右利きの術者であれば、レストが取りやすい右下よりも左下の方が、髄腔開拡の大きさが小さいことに起因しているものと推測されます。
(参考文献)
Karabucak B, et al.: Prevalence of Apical Periodontitis in Endodontically Treated Premolars and Molars with Untreated Canal: A Cone-bean Computed Tomography Study. JOE: 538-541, 2016.

2018年11月15日

hori (08:47)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

歯性上顎洞炎に最も関連性の高い根は?!

上顎洞と上顎臼歯根尖との距離
・上顎洞底に近い根
上顎7の近心頬側根(平均0.83ミリ)
上顎6の口蓋根(平均1.56ミリ)
上顎骨頬側壁に近い根
上顎4の近心頬側根(平均1.63ミリ)
上顎6の遠心頬側根(平均1.72ミリ)
(参考文献)
Eberhardt JA, Torabinejad M, Christiansen EL. A computed tomographic study of the distances between the maxillary sinus floor and the apices of the maxillary posterior teeth. Oral Surg Oral Med Oral Pathol 1992; 73(3) : 345-346.
・上顎洞炎症例の平均粘膜肥厚は7.4ミリであった。
上顎第一大臼歯と第二大臼歯は、小臼歯の11倍の確率で上顎洞炎との関与を認めたが、2本の大臼歯の上顎洞炎への関連性は同確率であった。
また、歯性上顎洞炎に最も関連性の高い根は上顎第一大臼歯の口蓋根であり、続いて第二大臼歯の近心頬側根であった。
(参考文献)
Rigolone M, Pasqualini D, Bianchi L, Berutti E, Bianchi SD. Vestibular surgical access to the palatine root of ruperior first molar: "low-dose cone-beam"CT analysis of the pathway and its anatomic variations. J Endod 2003; 29(11): 773-775.
*****
上顎骨頬側壁に近い根は、何かしらの問題が生じた際には、頬側歯槽骨を破壊してフィステルが現れる可能性が高いということになります。
また、頬側骨から根尖までの距離が小さいので、比較的無症状にフィステルが生じるかもしれません。
上顎第一大臼歯の口蓋根と第二大臼歯の近心頬側根は、頬側の歯槽骨まで距離がある一方で、上顎洞までの距離がないために、歯性上顎洞炎を惹起させやすいと考えることができます。
さらに、上顎第一大臼歯の口蓋根は、頬側の根よりも根尖孔の大きさが大きいために、バクテリアが容易に根尖孔外に出ることが可能となります。
上顎第一大臼歯の口蓋根の根管治療の際には、クラウンダウン法で、上部のバクテリアの多く存在する部位を先に除去する一方で、これ以上根尖孔の大きさを広げないように、ステップバック法も併用していくとよいと考えられます。
しかしながら、このように丁寧な根管治療を行っていても、インプラント治療が必要となるケースはあります。
上顎第一大臼歯の口蓋根からの根尖病変は、容易に歯槽骨を破壊し、その骨量を減らします。
そのため、上顎大臼歯部へのインプラントは、骨増生なしでインプラントを埋入可能なケースはそれほど多くはないというのが現実です。
条件が悪いケースでは、インプラントが上顎洞に迷入しないように、骨増生だけを先に行い、数か月後に2回目の骨増生とインプラント埋入を行うとよいでしょう。

2017年10月25日

hori (16:05)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

抜髄により歯根膜の感覚閾値が低下する。

・局所麻酔は、侵害刺激の中のほんの一部である痛覚を遮断しているにすぎず、麻酔による除痛中であっても、組織は残る多くの刺激に対してダイナミックな応答をしていることを忘れてはならない。
抜髄処置そのものが、痛み中枢の脳幹に関わり、歯根膜組織の感覚閾値を低下させることも明らかとなっており、抜髄による歯周組織の感覚閾値低下は歯根膜感覚を論じる上での定説として確立している。
すなわち、抜髄による歯髄知覚神経の求心路遮断の結果、脳幹における吻側亜核や尾側亜核の機能局在が崩壊し、刺激と応答という特異的関係がなくなり、非特異的応答性に変化することから歯根膜感覚に閾値低下を生じるのである。
(参考文献)
長谷川誠実:顎間厚径弁別能における歯根膜感覚の役割. 岐阜歯科学会誌, 14(2):252-268, 1987.
Sessle BJ, Gerhard HF : Trigeminal neuralgia : current concepts regarding pathogenesis and treatment. 1st ed, Butter-Heinmann, Boston, 1991
*****
咬合痛がある患者さんの根管治療を行うと、一旦は痛みは消失します。
しかしながら、根管治療後に補綴治療を行った際に、稀に再度咬合痛があると訴える患者さんがいます。
VASでいうと抜髄前が10だとすると、抜髄後は1や2程度です。
そして、どのようなタイプの患者さんがこのような訴えをしてくるかと考えてみると、咬合力がその歯に集中し、歯冠破折を起こしてきた患者さんです。
抜髄を行うと、歯の知覚自体は大幅に閾値が上昇すると考えられますが、代償的に歯根膜感覚閾値が低下し、その歯を守るために知覚の回復を身体がオートマティックに行ってくれるようです。
また他の報告では、失活歯の咬み心地は、生活歯の半分程度であることも明らかになっています。
経験的に抜髄により歯根膜感覚が代償的に感覚閾値を低下させるのではなかろうかと考えてたところなので、今回ようやくそれを正しいとするエビデンスに出会うことができました。
さらに、歯冠破折を起こしてきた歯は、全体の咬み合わせが変化しなければ、将来その部位は歯根破折を惹起する可能性が高いものと考えられます。
そのような部位にインプラント治療を行うことは、そこに歯があった頃の数年前の状態に戻るだけの治療です。
咬み合わせの治療の一つのツールとして、インプラント治療を位置づけなくてはなりません。

2017年5月25日

hori (09:57)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

このページの先頭へ