インプラントと過剰な力の最近のブログ記事

可逆性歯髄炎をともなう亀裂歯

本研究では、可逆性歯髄炎をともなう亀裂歯を最低3年後に予後観察し、クラウンで補綴された症例では18.7%、クラウンが装着されていない症例では65.9%に不可逆性歯髄炎もしくは歯髄壊死が生じたとの結果が報告されている。
(参考文献)
Wu S, Lew HP, Chen NN. Incidence of Pulpal Complication after Diagnosis of Cracked Teeth. J Endod 2019 ; 45(5) : 521-525.
*****
可逆性歯髄炎は初めの数回では、クラウンで早期に補綴を行うことで、歯髄への炎症の波及は避けられると思います。
しかしながら、可逆性歯髄炎で来院される患者さんの多くは、当院の場合は初めて来院される方が多いと認識しています。
そのため、何回目の可逆性歯髄炎かの判断は把握しきれないと考えています。
これらの理由により、クラウンで補綴された症例でも2割程度の不可逆性歯髄炎や歯髄壊死が認められるのだと考えています。

2020年10月 5日

hori (08:17)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

根分岐部病変の予後が悪い理由。

・根分岐部病変の予後が悪い理由は、歯肉線維が関係していると考えられる。
歯肉線維には1.歯牙歯肉線維 2.歯牙骨膜線維 3.歯槽歯肉線維 4.輪状線維の4種があり、歯と歯肉の付着、歯肉の増強に関与している。
根分岐部病変2,3度の歯では、歯の周囲には走行していない。
そのため、根分岐部を治療しても歯肉を補強する弾力性が弱く、また付着も弱く治癒しにくいと考えられる。
つまり、治癒後に輪状線維が歯根周囲をしっかりと囲めるように、凹凸の少ない単純な歯根形態にすることが長期的な予後に関係していると考えれる。
(参考文献)
亀山洋一郎 : 歯肉線維と歯根膜線維. 岩手歯誌, 1:137-142, 1976.
*****
根分岐部に対する歯周外科の予後を確実なものにするためには、歯根形態を単純化し、輪状線維が歯根周囲をしっかりと囲まれるようにすることが明らかになりました。
しかし、根分岐部病変の状態が悪ければ悪いほど、当然根管治療が必要になるケースが多くなり、場合によっては抜根も視野に入るかと考えられます。

2020年8月 1日

hori (08:55)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

根管治療後の歯列矯正はどのタイミングが良いのか。

適切な根管治療を行った場合に、いつから矯正移動開始できるかに関しては、現在まで明確なコンセンサスは得られていない。
Drysdaleらは6か月待つのが好ましいと報告し、ConsolaroやPaduanoらは、矯正力は治癒に影響しないため、15-30日でよいとという報告をしている。
(参考文献)
Consolano A, Consolano RB. Orthodontic movement of endodontically treated teeth. Dental Press J Orthod 2013 ; 18(4) : 2-7.
*****
根尖周囲組織がある程度治癒し、根管が無菌的に密閉したのちには、比較的早期に歯列矯正を行っても、あまり問題はないと個人的には考えています。
重要なことは、歯列矯正の内容が、生体が受け入れられる範囲内のストレスであるかどうかに関与しているように感じます。
インプラントも完全には骨結合していなくても、生体が許容できる範囲内のストレスであれば、負荷をかけても問題がないようです。

2020年5月 1日

hori (15:59)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

連結冠で支台歯の負担を減弱化できる。

・Shohetは遊離端義歯での支台歯2本を連結することで、遠心支台歯への負担を10-35%減弱できると報告している。
(参考文献)
Shohet H: Relative magnitude of stress on abutment teeth with different retainers. J Prosthet Dent, 21: 267-282,1969.
*****
歯科治療を行っていると連結冠を選択する方が、単冠処理する場合と比較して、力学的な問題が少なくできると考えています。
近年保険収載されたCAD/CAM冠は、基本的に連結できないのと歯質の削除量が多いという理由で、あまり良質な医療とは考えていません。
時代は"白い歯を安価な価格で"という方向に向かっていますが、その評価が将来どうなるのか見守りたいと考えています。

2020年3月25日

hori (08:09)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響

・歯科インプラントの臨床結果にクラウン-インプラント比が及ぼす影響:システマティックレビュー
本研究は1歯から数歯の欠損のインプラント上部構造のクラウン-インプラント(c/I)比とインプラントの残存率、インプラントの辺縁骨吸収および補綴的合併症の発現との関係を記述した論文のシステマティックレビューである。
ショートインプラント(SI)、あるいはエキストラショートインプラント(ESI)は、顎骨の吸収が大きく、上顎では洞底が近い症例、下顎では下顎管が近い症例に適用される。
このような症例では対合歯列までの距離が長いために、インプラントが短いだけでなく、C/I比が大きくなるという負の因子が加わる。
本研究ではC/I比1.5で区切り、C/I比が1.5を超える場合とそれ以下の場合とで残存率などを比較した。
その結果、歯冠長が大きいとESIの残存率が低下し、インプラント周囲辺縁骨の吸収が増大するという証拠はないとの結論であった。
通常、ESIは単独埋入を避け、他のESIあるいは長いインプラントと連結することが原則とされる。
本研究では、単独歯欠損と複数歯欠損を交えて研究対象としているため、SIの単独埋入での残存率およびインプラント周囲辺縁骨吸収が、長いインプラントの単独埋入と差がないということではない点を確認したい。
本論文の著者であるRavidaらのもう1編のESIのレビュー論文では、上顎に埋入されたESIの5年での残存率は90.6%とやや低く、一方、下顎では5年で96.2%と高い残存率を示した。
さらに非連結の補綴的合併症の発現頻度は連結されたESIの3.3倍多く、スクリューの緩みは15.2倍多かったと記述している。
またボーンレベルのESIの1年での辺縁骨吸収はティッシュレベルのESIに比べよりおおきな辺縁骨吸収を認めたと記述している。
Penarrocha-Oltraらは吸収が顕著な下顎臼歯部に、1群はブロック骨移植で歯槽部増高を図り通常長さのインプラントを埋入、2群は既存骨に骨内長5.5ミリの複数のESIを埋入した。
2群は既存骨に骨内長5.5ミリの複数のESIを埋入した。
その結果、前者の1年後のインプラント成功率は95.5%、残存率は91.%、後者のESIの残存率は97.1%、成功率も97.1%と、1年の短い経過であるが下顎の既存骨に埋入したESIは高い成功率を示した。
これらの研究を総合してESIの臼歯部単独歯欠損への応用は避ける。
やむを得ず適用する場合は、患者に失敗のリスクが高く推奨できないことを説明する。
複数歯欠損であれば、ESIは隣接するインプラントと連結する。
またインプラント体の中心軸から離れた咬合面の部位での咬合接触をさける、グループファンクションにするなどの上部構造への配慮が必要である。
(参考文献)
Ravida A, Barootchi S, Alkanderi A, Tavelli L, Suarez-Lopez Del Amo F. The effect of crown-to implant ratio on the clinical outcomes of dental implants: a systematic review . Int J Oral Maxillofac Implants 2019; 34(5) : 1121-1131.
*****
ショートインプラントの治療予後については有意差のあるレベルで結果が悪いというデータはこれまであまりなかったように感じます。
今回の報告により、ショートインプラントあるいはエキストラショートインプラントを特に上顎に単独で使用することは避けるべきであることが明らかになりました。

2020年3月15日

hori (08:10)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

ショートインプラントとクラウン-インプラント比

・本研究ではインプラントの生存率についての記載がないが、訳者がショートインプラントに関する論文を読んでいる限り、長径8ミリ以上のインプラントであれば、CI比が2より大きくてもインプラントの生存率には影響がないと思われる。
一方、長径が6.5ミリ以下のショートインプラントでは、CI比が2より大きいと有意にインプラント生存率が悪くなることがシステマティックレビューから明らかになっている。
そして本研究では、長径が7ミリでCI比が2より大きいと確かに辺縁骨吸収が有意に大きくなることは分かったが、臨床的には大きな問題は出ない範囲なのかもしれないと考察している。
したがって、近年特に多くなってきたショートインプラントに関する論文をまとめると、臨床的結果に影響を与える可能性が高くなるショートインプラントの長径は、現時点では約7ミリ前後であると思われる。
しかしながら、現在、ショートインプラントに関する観察研究やシステマティックレビューが氾濫していることから、一度情報を整理して、ひとくくりにしている「ショートインプラント」に関する真実を明らかにした方が良いかもしれない。
実臨床にエビデンスとして生かすためには、短い長径のインプラント(6ミリ以上7ミリ未満、5ミリ以上6ミリ未満、4ミリ以上5ミリ未満)情報を別々に集めた、質の高いシステマティックレビューが必要であろう。
(参考文献)
Di Fiore A, Vigolo P, Sivolella S, Cavallin F Katsoulis J, Monaco C, Stellini E. Influence of crown-to-implant ratio on long-term marginal bone loss around implants. Int J oral maxillofac implants 2019 ; 34849 : 992-998.
*****
今回の報告のエビデンスを整理すると、長径8ミリ以上のインプラントであれば、CI比が2より大きくても生存率には影響しないこと。
また、長径6.5ミリ以下のショートインプラントではCI比が2より大きいと有意に生存率が低下することが明らかになっています。
現時点では使用するショートインプラントは長径7ミリくらいにしておいた方が無難と考えられます。

2020年3月 1日

hori (08:29)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

咬合不調和が放置されると予後不良となる場合がある。

Harrel&Nunnは歯周病患者89名を対象とした1-10年の後ろ向き研究で咬合不調和(中心位における早期接触、偏心位における干渉)が歯周病罹患歯の予後にどのような影響を与えるかを調査した。
被検者は推奨された治療をすべて受けた群(n=41、初期治療と歯周外科)、推奨された治療を部分的に受けた群(n=18、初期治療のみ)全く治療を受けなかった群(n=30)に分類された。
被検者は少なくても1年後の検診を受け、初診時の状態との比較が行われた(大部分の患者についても5-10年間の経過観察が行われた)。
本研究では、咬合不調和を有する群では有意に大きなプロービング値、動揺度が認められ、初診時の予後も悪く判定される傾向にあった。
59名の治療群のうち、29名が咬合調整を受けた。
残りの30人は、咬合不調和が認められたにもかかわらず咬合調整は行われなかった。
咬合不調和がありながら咬合調整を受けなかった歯は、プロービング値、動揺度、予後が悪化していった。
咬合不調和が放置された群では、0.167ミリ/年のプロービング値の増加が認められたのに対して、咬合不調和がなかった群ではマイナス0.004ミリ/年、咬合不調和が調整された群ではマイナス0.027ミリ/年で、咬合不調和が放置された群では有意に大きな値を示した。
(参考文献)
Harrel SK, Nunnn ME. The association of occlusal contacts with the presence of increased periodontal probing depths. J Clin Periodontol. 2009; 36(12)1035-1042.
*****
当院のインプラント総合治療では、センチあるいはミリ単位の修正をインプラントや被せもので対応し、ミクロ単位の調整は定期的な咬合調整を行っております。
咬み合わせは常に変化するものなので、最短で3-4週に一度、調整を行う場合もあります。
今回の報告で示されたように、咬合不調和が放置されると予後不良となる可能性があるので注意が必要です。

2020年2月20日

hori (08:18)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

咬合性外傷で炎症加速。

NakatsuらがLPS、LPS抗体によりラットに実験的に歯周炎を導入したうえで、メタルワイヤーを第一大臼歯に装着して実験的な咬合性外傷を引き起こし、歯周組織の変化を観察している。
本研究ではLPS抗体を導入された咬合性外傷グループ、歯周炎グループ、咬合性外傷+歯周炎グループ、そしてLPS抗体なしの咬合性外傷+歯周炎グループの四つにそれぞれ12匹のラットが割り当てられた。
実験の結果、LPS抗体咬合性外傷+歯周炎グループでは他のグループと比較して有意に大きな付着の喪失および破骨細胞の増加が認められた。
さらに、免疫複合体はより広範囲で観察された。
このことから、咬合性外傷によるコラーゲン繊維の傷害が組織の抗原透過性を亢進し、免疫複合体の形成を広範囲に拡大、結果として炎症反応を加速するのではないかと考えられる。
(参考文献)
Nakatsu S, Yoshinaga Y, Kuramoto A, Nagano F, Ichimura I, Oshino K, Yoshimura A, Yano Y, Hara Y. Occlusal trauma accelerates attachment loss at the onset of experimental periodontitis in rats. J Periodontal Res. 2014; 49(3): 314-322.
*****
LPS抗体咬合性外傷+歯周炎グループでは、有意に大きな付着の喪失および破骨細胞の増加が認められたそうです。
このことから、咬合性外傷によるコラーゲン繊維の傷害が組織の抗原透過性を亢進し、免疫複合体の形成を広範囲に拡大、結果として炎症反応を加速するのではないかと推察されます。

2020年2月10日

hori (08:42)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

硬い骨質への単独インプラント補綴はスクリューが緩みやすい。

・タイプ?の硬い骨質への単独インプラント補綴はスクリューが緩みやすいので注意が必要である。
骨が硬いと応力がコネクション部に集中した場合に、骨の柔軟性によって応力を干渉することができないので、コネクション部にスペースが生じてスクリューが緩んでくると考えられる。
一方、タイプ?やタイプ?の骨質であれば応力が骨の柔軟性によって分散されやすいのでスクリューは緩みにくい。
(インプラントジャーナル 2019年80 )
****
インプラントを埋入する骨質は硬ければ良いというものではありません。
今回の報告のように骨質が硬すぎると、スクリューが緩みやすかったり、骨火傷が生じやすくなるリスクが増大します。

2020年2月 1日

hori (08:28)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

補綴的合併症はこのCHSが15ミリ以上のケースで発生。

・クラウン/インプラントレシオは一般的に1:1と言われているが、それには根拠がなく重要なのは、クラウンの高さなのである。
文献によると、生体力学関連の有害な影響を評価するうえで重要なのは、クラウン/インプラントレシオよりもCrown height space(以下、CHS)である。
補綴的合併症はこのCHSが15ミリ以上のケースで発生したとされている。
de Moraesらはエクスターナルヘクスのコネクションを有した直径3.75ミリ・長さ10ミリのインプラントにCHSが10ミリ、12.5ミリ、15ミリのクラウンをスクリュー固定したそれぞれの骨ブロックを作製し、200Nの軸方向荷重と100Nの斜め(45度)荷重が加えて三次元有限要素法で応力分布を調べている。
その結果、軸方向荷重ではCHSが10ミリから15ミリへと高くなってもほとんど応力の集中は認められなかったが、斜め荷重下ではプラットフォームとインプラントのスレッド、そしてとくにアバットメントスクリューに応力の集中があり、CHSが15ミリのクラウンの応力集中は10ミリクラウンのほぼ2倍に増加した。
この強力な応力集中はアバットメントスクリューの緩みや破損を引き起こし、過負荷による骨組織へのダメージも増加させると結論付けている。
(参考文献)
Nissan J, Ghelfan O, Gross O, Priel I, Gross M, Chaushu G. : The effect of crown/implant ratio and crown height space on stress distribution in unsplinted implant supporting restorations. J Oral Maxillofac Surg. 69(7) : 1934-1939, 2011.
*****
インプラントといえど、歯冠が長くなるとアバットメントスクリューの緩みや破損を引き起こし、過負荷による骨組織へのダメージも増加させます。
多方面から治療計画を吟味する必要があるように感じます。

2020年1月25日

hori (08:11)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

このページの先頭へ