インプラントと全身の健康の最近のブログ記事

口腔インプラント手術は高齢骨粗鬆症患者の顎骨壊死リスクといえるか?

口腔インプラント手術は高齢骨粗鬆症患者の顎骨壊死リスクといえるか?
-傾向スコアマッチング法を用いたコホート研究
(研究目的)
高齢の骨粗鬆症患者において、口腔インプラント手術が顎骨壊死発症リスク因子かをあきらかにすること。
(研究内容)
韓国・国民健康保険サービスのデータベースから、2014年7月から2016年7月の間に、骨粗鬆症を判別した70歳以上の患者を、インプラント治療群と非インプラント治療群に分けて抽出した。
癌またはパジェット病の既往がある患者は除外した。
それぞれの群を抜歯の有無で送別化し、4つの下位群に分けた。
その後、年齢、性別、医療保険、糖尿病、高血圧、関節リウマチ、BP製剤の処方を共変量として傾向スコアを算出し、各下位群が1:1の比率になるようにマッチングさせた。
2016年12月まで追跡し、顎骨壊死発症の有無を調査した。
顎骨壊死発症のリスク因子の検討には、上述の共変量に加えて、口腔インプラント手術、抜歯を説明変数としたCOX比例ハザードモデルを用いた。
(研究結果)
解析対象は44900名(男/女:8.7/91.3%、年齢70-79歳/80歳以上:87.8/12.2%)であった。
口腔インプラント手術は顎骨壊死発症リスクを有意に減じる因子(ハザード比〔HR〕:0.51, p、0.001)であり、抜歯は有意なリスク因子(HR:5.89, p、0.001)であった。
また、関節リウマチ(HR:6.80, p、0.001)とBP製剤の処方(HR:4.09, p、0.001)も有意なリスク因子といえた。
(結論)
韓国。国民健康保険サービスのデータベースを活用した本ビッグデータ解析の結果、恒例の骨粗鬆症患者において、口腔インプラント手術は顎骨壊死発症リスクを増すとは言えず、むしろ減ずると思われた。
一方、抜歯、関節リウマチおよびBP製剤の処方は顎骨壊死発症のリスク因子であることが明らかになった。
(参考文献)
Ryu JI, Kim HY, Kwon YD. Is implant surgery a risk factor for osteonecrosis of the jaw in older adult patients with osteoporosis ? A national cohort propensity score-matched study. Clin Oral Implants Res, 32(4) : 437-447, 2021. doi: 10.1111/cir.13713.
*****
一見、インプラント手術が顎骨壊死発症リスクを減じると読み違える可能性があるが、本研究でインプラント治療が施された患者は、専門家により顎骨壊死のリスクが低いと推定された集団であり、本追跡期間中では顎骨壊死を発症するに至らなかったと解するのが妥当であるものと考えられる。

2022年4月 1日

hori (08:04)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

口腔乾燥症を引き起こす服用薬剤

1. 向精神薬  :ハルシオン、レンドルミン
2. 抗うつ薬   :デジレル、トリプタノール
3. 抗不安薬  :デパス、リーゼ
4. 利尿薬    : アルダクトン、フルイトラン
5. 抗ヒスタミン薬 : アレジオン、レスタミン
6. 高血圧治療薬 :アムロジン、アダラート
7. 気管支拡張薬 :スピロペント、メプチン
(参考文献)
伊藤加代子, 井上 誠.  オーラルフレイルで注意したい薬剤のポイント. 臨床栄養 2020;137(4) : 583-586.
*****
唾液の中には、口腔内の細菌の増殖を抑える働きがあるリゾチームなどの物質が存在します。
口腔乾燥を引き起こすと、正常な場合と比較して、インプラント周囲炎に罹患しやすくなるものと考えられます。

2022年2月15日

hori (08:52)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

コンポジットレジンの重合開始剤が、乳がんを悪化させるリスクがある。

・コンポジットレジンを作る際に使われている重合開始剤が、乳がんを悪化させる可能性があることが分かった。
岡山大学の研究チームは、2015年に重合開始剤の調査を行ったところ、乳がんを増殖させる可能性を示唆していたが、体内の環境を人工的に作り出した細胞実験であったため、生体内で同じ現象が起こるかは不明だった。
しかし、今回は細胞実験ではなくマウスを用いた動物実験を実施。
実際に、乳がんを細胞を埋め込まれたマウスに重合開始剤を曝露したところ、乳がん組織が徐々に増大することが見いだされ、一部の乳がん治療薬が増大効果を抑制することも確認された。
研究チームによると、体内に入った重合開始剤は乳がん組織に到達し、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用を乱している可能性があるという。
多くの化学物質に囲まれながら生活している現代社会。
しかし、化学物質中には女性ホルモン受容体と結合してホルモンバランスを乱す、内分泌攪乱化学物質と呼ばれるものもある。
今回の研究結果は、現在幅広く使用されている重合開始剤の安全性の再評価において重要な意味を持つに違いない。
(Dentalism NOVEMBER  2021 NO.48 )
*****
歯科でも頻繁に使用されるコンポジットレジンの重合開始剤に乳がんを悪化させる可能性があることが明らかになりました。

2022年1月15日

hori (08:34)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

抜歯は顎骨壊死のリスク因子ではない。

長崎大学の研究グループは、骨吸収抑制薬が投与されているがん患者を多施設共同研究により収集し、顎骨壊死発症リスク因子について検討。
361例の顎骨壊死発症率は1年目8.1%、2年目18.2%、3年目23.3%で、多変量解析では骨吸収抑制薬の長期の投与や歯周病などの局所感染が、顎骨壊死の発症と有意に関連していたことが分かった。
一方、抜歯そのものはリスク因子になっていなかった。
さらに抜歯例と非抜歯例の背景因子を傾向スコアマッチング解析により調整して検討したところ、本来抜歯が必要な歯を保存すると、逆に顎骨壊死発症率を有意に増加させることが判明した。
(アポロニア21 2021年12月号 )
*****
骨吸収抑制薬を投与されている患者は、近年増加傾向にありますが、抜歯そのものはリスク因子ではないことが明らかになりました。

2022年1月10日

hori (08:14)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

コロナウイルス手指衛生の効果

手指衛生で使うアルコール(70%エタノール)、38ppm次亜塩素酸水、3-10ppmオゾン水は、いずれも新型コロナウイルス感染症の原因ウイルス「SARS-CoV-2」に対して同等の不活性化効果がある。
日本歯科医学会の令和2年プロジェクト研究によるもの。
(アポロニア21 11月号 )
*****
手指衛生で使用されるアルコールが、意外と新型コロナウイルスの不活性化に効果があることが明らかになりました。

2021年11月10日

hori (08:24)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

フレイル高齢者は肺炎のリスク1.9倍

フレイルの高齢者は、1.9倍肺炎にかかりやすく、1.8倍重症化しやすい。
新潟大学大学院齋藤教授らが明らかにした。
研究グループは、2016年から17年に行った、約18万人の要介護認定を受けていない65歳以上の高齢者の健康と暮らしに関するアンケート調査データを統計解析。
過去1年で「肺炎にかかったか」もしくは「肺炎化インフルエンザに罹ったのち、肺炎で入院したか」を調べた。
肺炎に関する年齢や性、教育年数、所得、家族構成、婚姻状況、喫煙、肺炎にかかりやすく重症化しやすくなる病気、肺炎球菌予防接種等の影響を除去して解析した結果、フレイル高齢者はフレイルでない高齢者と比べて、約1.9倍肺炎にかかりやすい可能性が
示唆された。
また、フレイルの前段階の高齢者も1.3倍肺炎にかかりやすいことと判明。
さらに、1.8倍肺炎で入院しやすい可能性があることも分かった。
(アポロニア21 10月号 )
*****
フレイルの高齢者は身体の姿勢を維持できない方が少なくないために、口腔内細菌を含んだ食物残差が肺に侵入することによって、誤嚥性肺炎を罹患するリスクが高いものと考えられます。
肺炎予防のためにも、体幹を支える筋力が低下しないように、日々意識し、努力することも必要かと思います。

2021年11月 1日

hori (08:20)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

誤嚥性肺炎、80代が最多

誤嚥性肺炎は80代に最も多く、BMI値が低い入院時では、「CRP値が低い」「脳血管障害や認知症、神経疾患の依存が多い」「病院・介護施設に入院・入所している症例が多い」などの特徴があ
る。
東北大学医学研究科の香取教授らが行った大規模調査によるもの。
調査は、2019年に宮城県内の8つの基幹病院で入院治療を受けた肺炎患者1800人を対象に実施。
誤嚥性肺炎の割合は38.4%で、高齢者、特に80代に最も多く、08年時のピーク70代から高齢化の影響があったと分析している。
2週間以上入院した誤嚥性肺炎患者に対する嚥下機能を改善する治療の実施は51%、嚥下内視鏡検査は嚥下介入患者の20%、嚥下透視検査は5%にとどまっていた。
(アポロニア21 10月号 )
*****
誤嚥性肺炎は、80代の高齢者に多いことが明らかになりました。

2021年10月25日

hori (08:37)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

コロナ禍で院内感染対策費が対前年度比で35%増加

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、歯科医療機関における院内感染対策費に大きな変化が起きているようだ。
日本歯科医師会が行った「院内感染対策費に関する調査」によると歯科材料費は1か月間約10万円増加しており、中でも衛生用品の増加が対前年比35 %増と目立っている。
特に、マスクやグローブ、消毒用エタノールなどの購入量の増加、および購入単価の上昇が影響したようだ。
また、令和2年度中に感染対策費として新規に購入した物品の平均額は約90万円。
パーテーションや空気清浄機、自動検温装置を購入したという歯科医院が多かった。
加えて、診療から次の診療の間の清掃等準備時間が約3分増加。
これは、1日20人の診療をした場合、コロナ禍前と比較して診療後の清掃等準備に約1時間も多く時間を要しているということだ。
目に見えないところでの経費労力も増えている。
(Dentalism JULY 2021 NO.46 ) 
*****
コロナ禍で院内感染対策費が対前年度比で35%増加したそうです。
歯科医院は意外とクラスターが発生していないことと関係がある可能性があります。

2021年10月10日

hori (08:17)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

義歯で体重低下リスクが減少

65歳以上の5万3000人を対象とした調査で、歯が19本以下でも、義歯やブリッジの使用によって体重低下のリスクが減少することが明らかになった。
歯が20本以上の人と比べて、19本以下で義歯・ブリッジを使っていない人は体重減少のリスクが1.41倍高く、義歯・ブリッジを使用すると1.26倍と、体重減少リスクが約37%減少した。
(アポロニア21 2021年9月号 )
*****
インプラント治療により、糖質中心の食生活からたんぱく質や野菜を中心とした食生活に変化する場合は少なくありません。
そのような場合、筋肉量が増大し体脂肪率が減少するだけでなく、見た目年齢が若返る方も多いです。
一方、今回の研究では、体重の比較のみなので、体脂肪率や見た目年齢の変化についてはわかりませんが、義歯・ブリッジの使用により、体重減少リスクが約37%減少したとのことです。
BMIは標準よりも少し高めである方が、人間は長生きするというデータを元にすれば、義歯・ブリッジの使用により人間の延命は可能であるといえるかもしれません。

2021年10月 1日

hori (08:00)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

歯周炎はCOVID-19を重症化させるのか?

現在のところ、歯周炎がCOVID-19重症化にかかわる機序として、歯周病細菌を吸引することによる、新型コロナウイルスのACE2受容体の発言や下気道における炎症性サイトカインの誘発細菌によるスパイクタンパク分割による毒性の増加、ウイルスがポケット内に残留しやすいこと、好中球細胞外トラップが両方の疾患で生じること、重度歯周病における17型ヘルパーT細胞の反応によりサイトカインストームが誘発されやすくなることが考えられているが、これらはあくまで仮説である。
しかし、世界中の学者が仮説であっても歯周炎がCOVID-19を悪化させる可能性を指摘する一方、その逆は全く考えられず、現状で口腔衛生や詩集治療は良い結果を生み出す可能性があるとはいえるであろう。
(参考文献)
Marouf N, Cai W,Said KN, Dass H, Diab H, Chinta VR, Hssain AA, Nicolau B, Sanz M, Tamimi F. Association between periodontitis and severity of COVID-19 infection : A case-control study. J Clin Periodontol 2021 Feb 1 ; 10.1111/jcpe.13465.doi : 10.1111/jcpe.13435.
*****
歯周炎の診断基準がエックス線写真のみによるものなので不十分であるという意見があるものの、歯周炎とCOVID-19による死亡、ICUの治療および人工呼吸器の使用との間に有意な相関がみられたようです。
今後の研究報告に期待したいです。

2021年9月 1日

hori (08:16)

カテゴリ:インプラントと全身の健康

このページの先頭へ