1ミリを超えるインプラントの圧下は20.8%

インプラントで修復された成人の自然な歯列については最近報告されている。
成人患者の最大50.5%が隣接する歯や歯槽頂の骨と比較して、4-18.5年の期間ののち平均0.58ミリのインプラントの圧下が発生する可能性がある。
この同じ期間内で、1ミリを超えるインプラントの圧下は20.8%を示した。
(参考文献)
Massaro C, Miranda F, Janson G, de Al,eida RR, Pinzan A, Martins DR, Garib D. Maturational changes of the normal occlusion : A 40-years follow-up. Am J Orthod Dentofacial Orthop 2018 ; 154(2) : 188-200.
*****
インプラントが圧下されるということは、その部分の咬み方が不足するということを意味します。
それはすなわち、インプラントを含む歯列や咬み合わせが崩れることにつながります。
プラークが付着しているか否かのチェックは当然として、咬み合わせのチェックも定期的に行わなくてはならないということになります。

2021年11月20日

hori (08:45)

カテゴリ:インプラントと過剰な力

« 長期的にはファイバーポストのトラブルは多い可能性がある。 | ホーム

このページの先頭へ