根管充填で歯質は強化されるのか?

根管治療後に生じるトラブルの一つに歯根破折がある。
バイオセラミック系シーラーやレジン系シーラーを用いて根管充填を行うことにより、根管充填していない歯と比較して破折しにくくなる。
つまり、微小漏洩を防ぐための緊密な根管充填は、同時に歯の破折予防になる。
ただし、歯質強化といっても、根管形成前に戻るのみで、それ以上ではない。
(参考文献)
Osiri S,et al. Root reinforcement after obturation with calcium silicate-based sealer and modified gutta-percha cone. J Endod, 2018 ; 44(12) : 1843-1848.
*****
比較的新しい材料であるバイオセラミック系シーラーやレジン系シーラーを用いて、根管充填した場合には、根管形成前程度にまで歯質強化がなされるようです。
またほかの文献では、歯質強化という観点からは、側方加圧充填法が推奨されるとの記載もありました。

2021年6月10日

hori (08:31)

カテゴリ:インプラントと歯内療法

« 何年禁煙すれば、非喫煙者の歯周炎リスクに近づくのか? | ホーム

このページの先頭へ