日本人は再生療法を行う条件は良いとはいえない。

・特に日本人はルートランクが非常に短く、再生療法を行う条件は良いとはいえないことが多く、エナメルプロダクションもよくみられる。
(日本歯科評論 2019年9月号 )
*****
当院ではあまり積極的には歯周再生療法は行いません。
というのも、歯周再生療法の改善幅が小さいと考えているからです。

2019年11月 5日

hori (08:41)

カテゴリ:根分岐部病変

« 荷重がかかる骨では、骨細胞のスクレオスチン産生がストップ。 | ホーム | 恐竜は爬虫類と哺乳類の中間系 »

このページの先頭へ