インプラントと糖尿病の最近のブログ記事

糖尿病患者は依然として増加傾向。

・厚生労働省の平成26年「国民・栄養調査」では、糖尿病が強く疑われる人の割合が男性で15.5%、女性で9.8%でした。
この調査の前身である「平成14年糖尿病実態調査」では、糖尿病が強く疑われる人は推定約740万人、日本人男性の12.8%、女性の6.5%でした。
平成9年の推定値は約690万人でしたから、日本の糖尿病患者数はまだ増加しつづけています。
(知って得した!歯周治療に活かせるエビデンス )
*****
糖尿病の患者さんは年々増加傾向にあるそうです。
糖尿病になると同じように歯周治療を行っても、正常者と同じレベルの治療効果はないと言われており、それ故に歯を失う危険性が高いということになります。
また、糖尿病患者さんのインプラント手術は、糖尿病ではない患者さんに比べて、骨結合の失敗のリスクが2倍あるともいわれています。
糖尿病になりにくい食生活習慣を続けて、歯を失いにくい体質でありたいものです。

2017年4月 1日

hori (10:05)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

歯周病治療でHbA1cはどの程度改善するのか。

・Engebretsonらによる研究では、2型糖尿病に非外科治療(SRPおよび0.12%クロルヘキシジンの応用)を行ったところ、PPDやBOPの改善は認めたものの、HbA1cは減少しなかったと報告している。
しかし、日本において中等度-重度慢性歯周炎を有する?型糖尿病患者に非外科治療を用いた研究では、高感度CRPレベルが500ng/ml以上の患者(2型糖尿病および中等度-重度慢性歯周炎)において、SRPとミノサイクリンの局所投与により3か月後に有意なHbA1cの改善を認めたと報告している。
両者の研究においては、人種、年齢、体格指数に大きな違いがあります。
米国における体格指数は34-35kgに対して、日本では22-25kgであり、重度歯周炎により上昇する高感度CRPが肥満による炎症で相殺され、差がなくなるとの報告もあります。(単位はすべて一平方メートルあたり)
体格指数が日本人に近い中国で行われた研究では、2型糖尿病患者に外科治療を含めた歯周病治療を行った群では、HbA1c、空腹時血糖、高感度CRPを含めた炎症性因子の統計学的な改善を認めたと報告しています。
以上より、メタアナリシスではHbA1cの改善を認めてはいるものの、論文数が少ないこと、症例数が十分ではないことから、歯周病や糖尿病治療を多岐にわたり比較することは困難です。
現時点で、糖尿病治療の指針のルーティンに入ってくるほどのエビデンスはないように思います。
しかし、歯周病治療によってHbA1cが改善することは事実で、歯周病治療だけで糖尿病が改善するというエビデンスはないものの、糖尿病患者は歯周病を発症しやすいことを考えて、双方からのアプローチを行うことに意義はあると思います。
(歯界展望 2017年1月号 )
*****
歯周病と糖尿病との関連については、改善するとするエビデンスがある一方で、改善しないというエビデンスもあるようです。
(同じようにエビデンスとはいっても、エビデンスレベルはそれぞれで異なっています。)
そのため、歯周病治療だけで糖尿病が改善するというエビデンスはないものの、歯周病治療によってHbA1cが改善することは事実で、糖尿病患者は歯周病を発症しやすいことを考えて、双方からのアプローチを行うことに意義はあるとのことでした。
他の疾患と歯周病の関連もそうですが、歯周病の治療を行うとどの程度、糖尿病の状態が改善するのか、人種により体質が異なるのであれば、日本人の場合はどの程度改善するのかを、だれの目にも分かる形で報告していただけたらと考えています。

2017年3月20日

hori (09:59)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

70歳以上の糖尿病予備軍は35%。

・糖尿病患者の歯周治療マニュアルには、随時血糖値が200ミリグラム/dL以上の場合は間欠的処置は避けるべきと明記されている。
・70歳以上の「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性が否定できない人」の割合をみると、男性で「強く疑われる人」つまり予備軍が22.6%、「可能性が否定できない人」つまり予備軍が18.4%。
女性では「強く疑われる人」が11%、「可能性が否定できない人」つまり予備軍が23.8%という数値が出ている。
まさに、約35%の高齢者が糖尿病についての何らかの因子を持っていることになるのだ。
しかも、この数値は2007年のものであり、97年からの推移においても増加傾向にあるため、現在においてはさらなる割合の増加が予想されることは間違いない。
ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア vol.2 )
*****
近年糖尿病予備軍の方は増加傾向にあり、その割合は35%を超えるようです。
糖尿病の方にインプラント治療をするリスクは、麻酔が効きにくかったり、感染が生じやすく傷が治りにくいために、インプラントが失敗する可能性があることです。
けれども、軽度の糖尿病の方のインプラント治療は、当院では特に問題は生じていません。
ただ、GBR併用のインプラントや即時負荷インプラントは、リスクが高いと考えています。

2016年5月 5日

hori (14:40)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

歯周病のリスク因子

・IL-1の多型と喫煙習慣については、5年から14年のメンテナンス患者の経過を追跡した研究がある。
この研究からIL-1多型の陽性患者(陰性の2.7倍)、喫煙者(非喫煙者の2.9倍)で顕著に歯の喪失が見られ、さらにIL-1多型の陽性で喫煙者の場合はさらに歯の喪失の危険性が高かった(IL-1陰性非喫煙者の7.7倍)。
また、体重増加(BMI)については、体重増加と歯周病の発症および進行に相関関係があることが報告されつつある。
サルを用いた動物実験でもカロリー摂取を控えた実験群では、通常のサルに比べ、アタッチメントロスと出血が少ない傾向にあったという報告がある。
ヒトを対象にした研究でも、BMIが高い患者は歯周病も4倍の確率で重症化しやすいことが分かっている。
・リウマチのような慢性炎症性疾患では、CRPのレベルが高い傾向にあり、骨代謝に障害をきたしている。
結果としてリウマチ患者の51%、変形性関節炎の患者の26%に重度の歯周炎を認めるという報告もある。
・リスク因子のうち重要性が高いものとして、
〇歯周疾患の既往メンテナンスの不定期性、喫煙、糖尿病、IL-1レベルの高いもの
・重要性が不明確だが関与が疑われるものとして、
〇内臓脂肪、BMIの高いもの、食生活、栄養状態、慢性炎症性疾患、エピジェネティックス(後天的な遺伝形質の発現)
日本臨床歯周病学会学会誌 Vol.30 2012 )
*****
歯周病のリスク因子を列挙してみました。
リウマチのように原因がまだはっきりわかっていない病気との関連で歯周病になりやすい場合や、遺伝的な要素により歯周病になりやすい場合は確かにあることでしょう。
けれども、禁煙や、歯科医院でのメンテナンスを受診したり、BMIを下げたリスことは、各人の努力次第で歯周病のリスクを低減させることは可能かと思います。
できることから歯周病対策をしていただけたらと思います。
また、インプラント治療後にも糖尿病や喫煙はインプラント周囲炎のリスクとなりうるので、禁煙や血糖値が上がりにくい生活習慣等は引き続きしていただくこととなります。

2016年5月 1日

hori (14:24)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

HbA1cが8%以下の糖尿病患者でのインプラント治療は、何も問題なし。

・2型糖尿病患者におけるインプラント周囲溝滲出液中の炎症性サイトカインレベルと臨床パラメータの評価
〇諸言
オッセオインテグレーションを阻害する代謝異常の一つに、高血糖に特徴づけられる糖尿病がある。
糖尿病による単球、マクロファージの異常反応の結果、IL-1β、TNF-αのような炎症性サイトカインやメディエーターが過剰産生される。
これらのサイトカインの過剰産生は歯周組織やインプラント周囲組織を破壊に導く。
本研究の目的は、インプラント周囲の状態を評価するだけでなく、良好にコントロールされた2型糖尿病患者と健常者において、インプラント周囲溝滲出液と歯肉溝滲出液中のIL-βとTNF-αのレベルを比較し、評価することである。
〇材料と方法
13名のコントロール良好な2型糖尿病患者(HbA1c<8%;グループD)と7名の全身的に健康なグループ(グループC)
HbA1c、空腹時血糖値、ランダム血糖値濃度、総コレステロール値、中性脂肪、善玉コレステロール、悪玉コレステロールが2型糖尿病患者のベースライン時と治療後7か月に測定された。
プラーク指数、歯肉歯数、プロービング時の出血、クリニカルアタッチメントは1歯および1本のインプラントにつき6点法で測定した。
合計39本のインプラントを20名の被験者に埋入した。
27本はグループDの13名に、12本はグループCの7名に埋入した。
〇結果
グループDのHbA1c、空腹時血糖値、ランダム血糖値濃度は、グループCと比較してベースライン時で有意に高い値を示した。
プラーク指数、歯肉歯数、プロービング時のポケット深さ、プロービング時の出血、角化歯肉幅はグループ間でベースライン時とそれ以降においても有意差は認められなかった。
グループDにおいて、インプラント周囲のプラーク指数は歯と比較して4か月および7か月で有意に減少した。
バイオマーカー分析ではインプラント周囲溝と歯肉溝のIL-1βとTNF-αの濃度と総レベルを評価した。
グループ内の歯とインプラント周囲やグループ間でベースライン時またはそれ以降に有意差は認められなかった。
〇結論
本研究には限界はあるものの、HbA1cが8%以下の糖尿病患者でのインプラント治療に臨床上の障害はなく、重篤な合併症も生じないことが示された。
さらに、グループ内やグループ間、またインプラント周囲や歯とで、IL-1βやTNF-α濃度や量に違いはなかった。
本研究の結果は、先行研究で示されている、良好にコントロールされた2型糖尿病患者はインプラント治療が可能であるという根拠を支持するものである。
(参考文献)
Evaluation of clinical parameters and levels of proinflammatory cytokines in the crevicular fluid around dental implants with type 2 diabetes mellitus. Dogan SB, Kurtis MB, Tuter G, Serdar M, Watanabe K, Karakis S. Int J Oral Maxillofac 2015 ; 30(5) : 1119-1127.
*****
糖尿病はインプラント治療を行ううえで、リスクファクターであると言われています。
ただ、実際のインプラント臨床では、糖尿病の方にインプラント治療を行っても、その程度が軽度であるならば、特に何も問題はないのではなかろうかと個人的には考えていました。
そんな折、HbA1c(正常値:4.6-6.2%)が8%以下の糖尿病患者さんにおけるインプラント治療は問題がないことがエビデンスとして報告されました。
糖尿病の患者さんには朗報かもしれませんね。

2016年3月25日

hori (17:09)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

インプラント治療における糖尿病からの負の連鎖

インプラント治療における糖尿病からの負の連鎖
1.心筋梗塞、脳梗塞→術中・術後出血に注意
2.脳卒中:術前に血圧測定、術中高血圧に注意
3.低血糖:発汗、動悸、手指の震え、空腹時の手術を避ける
4.骨粗鬆症(骨強度低下)→インプラント埋入時の初期固定不良、インプラント周囲炎に注意
5.腎障害→周術期の抗菌薬を減量、鎮痛薬はアセトアミノフェン
       →慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(骨密度低下)→骨粗鬆症
6.歯周病:術前から治療後、リコール中も歯周病の問題は継続
7.易感染性→術後感染、インプラント周囲炎:GBRやサイナスリフトなどの骨造成は避ける
(本音を教えて! GPが知りたい インプラント外科Q&A67 )
*****
糖尿病患者さんにインプラント治療を行う場合、そうではない場合よりも術者には注意が必要となります。
例えば、術前には腎障害による骨粗鬆症の有無を確認したり、歯周病の管理をよりしっかりと行う必要があります。
また治療計画を立てる際にも、サイナスリフトよりはソケットリフトの方が無難でしょうし、GBR併用のインプラント埋入よりはGBRとインプラント埋入を別々に行う方が良いかもしれません。
ただ、抜歯即時インプラントもGBR併用のインプラント埋入の一種かと思いますが、糖尿病患者さんに対しても良好な結果が得られているので、糖尿病の程度が軽いのであれば、抜歯とインプラント埋入を別々に行う必要はないと考えています。

2015年11月30日

hori (09:28)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

口臭測定でがんを発見?!

・口臭測定でがんを発見
口臭測定によって、胃・食道のがんを早期に発見する技術が開発され、ロンドンの3か所の病院で本格的な臨床試験が始まった。
英国国営医療(NHS)では、口臭測定による初期がん検査により、年間1億4500万ポンドの医療費削減効果があると見込んでいる。
インペリアルカレッジ・ロンドンのS.Kumar氏ら英国とチェコの研究者が、消化器の腺がんの患者に特異的な呼気ガスの構成成分を発見したもので、口臭測定により呼気ガスの成分を検出することで、胃・食道のがんが判別できるという。
(アポロニア21 2015年 9月号 )
・内臓が悪くて口臭が発生する病気
1. 末期の肝硬変
2. 糖尿病性ケトアシドーシス
3. 腎不全による尿毒症
4. 肺化膿症
・肝硬変による肝性口臭は、アンモニアっぽい臭い(教科書的には"腐った卵とニンニクの混ざった臭い")がする。
これは肝臓で処理すべきアンモニアが処理しきれず、血液中の濃度が異様に高くなる「抗アンモニア血症」によるものだ。
・アンモニア口臭がでるようなところまで肝機能が落ち込んでしまった人は、残念ながら、ほぼ1年以内に肝不全で亡くなる。
・糖尿病で高血糖(血糖値500以上くらい)になると酸っぱ臭い口臭(ケトン臭)がすることがある。
エネルギーを得るために脂肪が分解されると、最終的にケトン体が生まれ、肺から排出される。
このケトン体が独特の酸っぱい臭い臭気がする。
(参考文献2 )
*****
がんの種類によっては、口臭測定により早期発見がものがあるようです。
また、内臓が悪くて口臭が発生する病気もあるようです。
インプラントを希望される方の中には、糖尿病を患っている方も少なくありませんが、第三者がケトン臭を感じるレベルではないので、比較的軽い糖尿病の方が多いのかもしれません。

2015年10月25日

hori (09:58)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

チョコレートでインプラント周囲炎予防?!

チョコレートは糖尿病を増悪させない?!
チョコレートは高エネルギー食品であり、GI値は91と高く、糖尿病にとって控えるべき食品とされてもおかしくない。
しかし、多くの動物実験や臨床実験では、チョコレートはインスリン感受性を改善させる報告が多くみられる。
Greenbergは、7802人の対象者を平均13.3年間追跡調査し、チョコレートの摂取量と糖尿病発症リスクとの関係を観察している。
1回28gのチョコレートを月に1回以下しかほとんど摂取していない群に比較して、月に1-4回摂取する人は13%、週に2-6回摂取する人は34%、毎日1回以上摂取する人は18%糖尿病発症リスクが低かったと報告している。
この結果、チョコレートは適度に摂取することが好ましく、1回約28gのチョコレートを週に2-6回ほどの頻度で摂取するのが、最も糖尿病発症予防に効果があるとしている。
糖質摂取後の血糖上昇時には血管内皮機能の低下、酸化マーカーの増加などがみられ、これらが食後化血糖に伴う動脈硬化の促進、糖尿病の発症リスク増大をもたらすと考えられる。
Grassiらは、OGTT時の血管反応などを、ダークチョコレート摂取時とホワイトチョコレート摂取時と比較して観察している。
ホワイトチョコレートに比較して、ダークチョコレート摂取時にはflow-mediated-dilatation, endothelin-1, 8-iso-PGF2αなどの改善が有意に認められた。
この研究から、ダークチョコレートに含まれるココアフラバノールが食後化血糖に伴う障害を抑制する作用があることが示されている。
膵β細胞を使った実験で、ココアフラバノールは酸化ストレスによる膵β細胞の障害を抑制することが観察されている。
これらの研究から、適度なダークチョコレートの摂取は、耐糖能障害の抑制に効果のあることが考えられる。
(日本抗加齢医学雑誌 2015 vol 11 No.1)
*****
歯周病と糖尿病には密接な関係があり、糖尿病が悪化すると歯周病も悪化するといわれています。
また、歯周病が悪化しやすい方は、インプラント周囲炎にもなりやすいと考えられます。
そのような意味でも、1回約28gのダークチョコレートを週に2-6回ほどの頻度で摂取すると、インプラント周囲炎予防にも効果的かもしれませんね。

2015年5月15日

hori (09:46)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

2型糖尿病と歯周病の関係

2型糖尿病と歯周病の関係
・糖尿病を有する人は破壊的な歯周病を有する可能性が非糖尿病患者より約3倍高い。(Emich 1991)
・2型糖尿病群では非糖尿病群に比べて、歯周炎がより重症化し、さらに進行した歯周病の新規発症率が約2.6倍高い。(Nelson 1990)
・2型糖尿病の被験者は、より重篤な歯槽骨吸収の進行の危険性が非糖尿病の被験者の約4倍である。(Taylor 1998)
(日本歯科医師会雑誌 2014年vol.67 NO5)
*****
糖尿病でインプラント治療を希望される方が少なくありません。
今回紹介したエビデンスにもあるように、糖尿病患者さんは歯周病が重症化しやすいのですが、実はインプラント治療を受けた際にも糖尿病がリスクとなります。
また他の文献で、歯周病の治療により、その状態が改善すると、糖尿病の状態も改善したとの報告もあります。
インプラント治療が安定した状態を維持するためにも、残存天然歯の歯周病治療は必要となるのです。

2015年4月25日

hori (14:57)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

糖尿病患者は根管治療の成績が非糖尿病患者に比べて著しく劣る。

・糖尿病患者の根尖病変の罹患率は、非糖尿病患者に比べて高いことが報告されています。
糖尿病患者の創傷治癒は非糖尿病の方に比べて遅延する傾向にあるのはよく知られていますが、これは根尖病変においても例外ではないようです。
2型糖尿病患者の根尖病変では根管治療の効果が表れにくく、治療開始時にX線写真で病変を認めた症例での根管治療の成功率は、非糖尿病症例のそれに比例して著しく劣る傾向にあることが報告されています。
糖尿病および非糖尿病の人口比率は増加傾向であることから、それに伴い根尖病変の難治症例も増加していくと考えられます。
(参考文献)
Britto LR ,Katz J, Guelmann M, et al. Periradicular radiographic assessment in diabetic and contol individuals. Oral Surg Oral Med Pathol Oral Radiol Endod. 2003; 96(4): 449-452.
*****
糖尿病の患者さんは一般に傷が治りにくいとされますが、今回の論文で根管治療の成功率も著しく悪いということが明らかになりました。
根管治療の成績が悪いのは、根尖部の免疫力が低いために結果が不確実なものとなるためと考えられます。
根尖病巣を作らないように、特に糖尿病の患者さんの場合においては、1回目の根管治療で確実な処置をしなければならないということになるでしょう。
また、抜歯してインプラント治療をする場合でも、糖尿病の患者さんでは通常の患者さんとは区別して考える方が無難かもしれません。
インプラント埋入とともに骨造成や付着歯肉の増大処置等を同時に行うことは、リスクとなる場合があるからです。

2015年3月30日

hori (14:07)

カテゴリ:インプラントと糖尿病

このページの先頭へ