インプラントと歯列矯正の最近のブログ記事

永久歯の先天欠如により、歯列のバランスは崩れる。

・乳歯に先天欠如があると、後継永久歯の約75%に先天欠如が見られる。
乳歯癒合歯の場合も、後継永久歯の40-50%に先天欠如がみられる。
すなわち、乳歯に先天欠如や癒合があると、永久歯の先天欠如が発現しやすい。
・永久歯の先天欠如の発症頻度は、10.09%であり、男子より女子に多い傾向がある。
歯種別では下顎第二小臼歯、下顎側切歯、上顎第二小臼歯、上顎側切歯が多い。
また、発症パターンとして、2歯以上の先欠が先欠全体の48.3%を占めることが分かった。
両側性は先欠全体の30.6%であったのに対して、両顎性は先欠全体の7.3%と少ない傾向であった。
(デンタルダイヤモンド 2017年9月号 )
*****
永久歯の先天欠如があると、そのスペースを閉じるかのように、後方歯牙の前方傾斜や、対合歯の挺出が惹起されます。
すなわち、永久歯の先天欠如により、歯列・咬み合わせのバランスは崩れるということです。
また、その状態を改善しようとすると、歯列矯正治療やインプラント治療が必要となります。
一方、歯牙にはその歯種によって、それぞれ役割が異なります。
例えば、人体で最も歯根長の長い犬歯は、歯列のカーブのところに位置しており、側方力がより多く受け止める役割を期待されています。
しかし、側切歯が先天欠損している場合、側切歯の位置に犬歯が移動し、犬歯よりも歯根長の短い第一小臼歯が本来犬歯の存在する位置に移動することになります。
これは、犬歯の役割を担わなくてはならない第一小臼歯には過剰な負担となるということを意味し、長期安定が疑問視される場合が出てくるということになります。
また、その中のある一定の割合の方が、将来インプラント治療が必要になるように考えられます。

2017年11月 1日

hori (09:31)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

コンタクト ロスの関連因子

・コンタクトロスが発生しやすくなる要因として、高年齢、対合歯が可撤性義歯であること、隣在歯が失活歯であること、隣在歯が連結されていないことが挙げられる。
・WEIらは、歯列咬合力のうち、犬歯間、すなわち前方部に加わる咬合力の割合が大きいと、コンタクトロスが起きやすいと結論付けている。
・コンタクトロス発生群の方がコンタクト維持群と比較して、歯冠インプラント比が大きく、有意差が認められた(p<0.01)。
・Mischの分類における骨質D1ならびにD2群の方が、D3ならびにD4群と比較して、コンタクトロス発生群の割合が高く、有意差があった(P=0.01)。
・インプラントに対して歯冠が長く、隣在歯が連結されておらず、動揺があり、埋入部位の骨質がD1もしくはD2であった場合に、一方で、年齢、性別、観察期間、側方運動時の接触の有無は、有意な説明変数とならなかった。
・WEIらは、55か所のインプラント-天然歯隣接面を調査し、コンタクトロスの発生した群では、咬合力の舌側成分、近心成分が大きく、また咬合力が比較的前方へ分布していると報告している。
・短期間にコンタクトロスが起こる理由として、臼歯部にインプラント修復がなされることで咬合力が増大することが挙げられる。
その結果、天然歯にかかる咬合力の前方成分も大きくなることで天然歯の前方移動がそれまでよりも加速、助長され、コンタクトロスが起こる可能性が考えられる。
・D1、D2の群はshort-faced typeで、咬合力が強い傾向にあることが予想され、この要因がコンタクトロスに関連したことが推測された。
(参考文献)
インプラント上部構造と天然歯間におけるコンタクトロスの関連因子 福西一浩, 北島一, 石川知弘, 武下肇, 前田芳信. 日本口腔インプラント学会雑誌vol.29 NO.4/2016.12
・咬耗が進行すると、歯の間に隙間が生じ、上下歯列の咬み合わせの関係も変化してしまう。
縄文人などの歯列を詳しく調べてみると、咬耗に伴って個々の歯が移動してこうした隙間を埋め、常に機能的な歯列矯正を保とうとするメカニズムがあることが分かってきた。
このような歯の生理的移動は、おそらく哺乳類に一般に備わっているものと推測されるが、ヒトにおいては3つのタイプに分類できる。
一つは、垂直方向の移動であり、連続的萌出。
二番目は近心移動。
三つ目は舌側移動。
(仙歯会報 2017年2月号 )
*****
個人的に興味深く感じたのは、『コンタクトロスの発生した群では、咬合力の舌側成分、近心成分が大きく、また咬合力が比較的前方へ分布している。』ということです。
また、仙歯会報の抜粋は、海部陽介氏が歯科医師会に講演に来られた際の記録です。
これら二つを元に考えると、コンタクトロスが生じる口腔内では、そもそも歯牙が近心舌側方向に傾斜して萌出しているために、歯列のサイズが小さくなっていることが推測されます。
歯列のサイズが小さいゆえに、舌癖が誘発されるのでしょう。
またそのような舌癖があるために、側方への舌突出壁があれば下顎前歯の挺出が生じ、前方への舌突出壁があればオープンバイト傾向からのさらなる空隙歯列が惹起されることが考えられます。
これは、咬合平面が上下的に歪むので、海部氏が仰るところの一つ目の垂直方向の移動に該当します。
またこのような状態では、アンテリアガイダンスがうまく機能しないために、臼歯部には側方からの為害作用がかかるために、早期に喪失する危険性が高まります。
そのような状態で臼歯部にインプラント治療を行うために、コンタクトロスが生じるのではないでしょうか。
そしてさらに、倒れている歯は継続して倒れ続けるということもコンタクトロスに関係していると個人的には推測しています。

2017年10月20日

hori (10:36)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

10代の歯列矯正の炎症は肥満が要因

・10代の矯正の炎症は肥満が要因
ティーンエイジへの矯正に伴って起こる炎症反応は、肥満かどうかによって左右される。
イギリス・キングスカレッジ・ロンドンのM.T.Coboune教授らの研究グループが、平均年齢15歳の矯正治療を控えた男女55人(男性27人、女性28人)を対象にしたコホート研究で明らかにした。
唾液、歯肉溝滲出液を採取して炎症に関わるバイオマーカーを比較した結果、BMIから肥満に分類される群では治療開始前からバイオマーカーが高く、動的治療を開始すると、さらに顕著になった。
論文は「JDR」1月23日号に掲載された。 
(アポロニア21 2017年4月号 )
*****
10代の患者さんで、歯列矯正時に不潔性の歯肉炎が認められる場合があります。
当院では、ストレートワイヤーではなくマルチループを使用したケースで歯肉炎が生じたケースがあります。
そのような方もBMIは正常範囲の方が多かったため、今回の『歯列矯正による炎症と肥満が関係がある』というエビデンスは正直腑に落ちません。
JDRという雑誌は、歯科では比較的インパクトファクターの高い雑誌なので、信用できるとは思うのですが、人種による差があるのかもしれません。
今後の報告を待ちたいところです。

2017年5月20日

hori (11:47)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

根分岐部病変はルートトランクの長さが関係している。

・下顎大臼歯では頬側に比べて舌側が、上顎大臼歯では近心<遠心<頬側の順にルートランクが長くなります。
したがって、下顎では頬側部、上顎では近心部の根分岐部病変が発症しやすくなります。
(知って得した!歯周治療に活かせるエビデンス )
*****
個人的に根分岐部病変は、下顎では頬側が、上顎では近心頬側根を取り囲むように進行しているケースが多いように感じていました。
ルートトランクの長さをベースに考えると、根分岐部病変の発症リスクを予想することができます。
また、スピーカーブやモンソンカーブを基に考えると、上顎歯は近心頬側に、下顎歯は近心舌側に傾斜して萌出しているといえます。
これらの方向に歯牙が傾斜すると、歯槽骨から歯牙が飛び出た状態になりやすいのは、上顎であれば近心頬側根、下顎大臼歯では頬側の分岐部ということになります。
そしてそれらを逆に考えると、『スピーカーブやモンソンカーブがきつすぎる人ほど、根分岐部病変になりやすいのではなかろうか。』という仮説を立てることができます。
さらに、スピーカーブやモンソンカーブがきつすぎる人は小さい顎骨の中に大きな歯牙が萌出する傾向にあるために、咬頭展開角が小さく、咬頭干渉が生じやすいのではなかろうかとも考えることができます。
近年、歯列不正のある患者さんに対して、歯列矯正を行っても、歯牙形態が悪いために、うまく咬まないケースが少なくありません。
これも咬頭展開角が小さいことが関係しているように感じています。
また咬頭展開角が小さかったり、上顎大臼歯でいえば、遠心舌側咬頭がなく、3咬頭になっている状態が下顎大臼歯の歯冠破折や歯根破折を惹起している可能性が疑われます。
このような形態が不良な対合歯に対して、欠損した部位にインプラント治療を行っても長期に亘って安定した状態は維持できません。
全体の咬み合わせの改善を図りながら、欠損部位にインプラント治療を行うことが重要であると考えています。

2017年4月15日

hori (16:19)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

緑内障と永久歯の先天欠如に関連性あり。

・家族性大腸ポリポーシスは、遺伝性に大腸がんを発症する家族性腫瘍の一つで、患者の17%に過剰歯があると報告されている。
この病気の責任遺伝子であるAPC遺伝子は、Wntシグナル系を介して過剰歯の発生にも関与していることが報告されており、詳細な分岐機構が解明されれば、新たな医科歯科連携の橋渡しになるかもしれない。
もう一つの例は永久歯の先欠だ。
最近われわれは三世代にわたる先欠の遺伝子検査を行った。
当初はこれまでに報告されているすべての責任遺伝子(MSX1、PAX9、WNT10Aなど)の変異を検査したが、異常が見つからず、最終的にエクソーム解析という方法ですべての遺伝子を網羅的に解析した。
その結果、PITX2という遺伝子に変異を見出した。
この遺伝子は永久歯の先欠と眼の虹彩の低形成を主症状とするIris hypoplasiaという非常にまれな病気の原因遺伝子であった。
虹彩の低形成は、眼圧の上昇につながり緑内障を発症する可能性がある。
(ザ・クインテッセンス 2016年6月号 )
*****
最近の遺伝子検査により、家族性大腸ポリポーシス患者の17%に過剰歯があること、緑内障発症のリスクにつながる虹彩の低形成と永久歯の先天欠如が遺伝子的に同時に起きることが明らかになりました。
インプラント治療を希望される方の中には、虫歯や歯周病ではなく、永久歯の先天欠如が原因となっている方は、近年増加傾向にあります。
また多くの場合、歯列不正も伴っていることが多いので、歯列矯正・インプラント治療・補綴(被せ)治療等の総合治療が必要となります。
インプラント治療や歯列矯正、補綴治療は、より良い咬み合わせを構築するための"手段"に過ぎないのです。

2016年8月 5日

hori (16:32)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

咬み合わせが悪い方は、第二大臼歯の生え方に異常がある場合が多い。

・第二大臼歯が1本以上生えていない大学生は0.9%、生える方向や位置が正常でないのは、12.4%に上る。
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授の森田学氏らは、18,19歳の大学生2205名を対象にし横断調査し、第二大臼歯の異常と咬み合わせの異常との関連性を明らかにした。
調査では、12歳ころに上下左右に計4本生える第二大臼歯が、大学生18人に1本以上生えておらず、240人の生え方に異常を認めた。
ロジスティック回帰分析の結果では、咬み合わせの悪い群は、正常な群と比較して、第二大臼歯の生え方に異常が出るリスクが男性で3.9倍、女性で3.2倍となっている。
研究グループは、横断研究のため因果関係があるとは言えないとしたうえで、「咬み合わせを正常にすると、適正な時期・場所に歯が生えるようにできるかもしれない。第二大臼歯の生え方が悪いと、第一大臼歯の歯周病に影響を与える可能性もあることから、正常な咬み合わせにすることで歯の疾病予防にもつながる」と成果について考察している。
(アポロニア21 2015年4月号)
*****
正常な歯列では、第一大臼歯と第二大臼歯には、ほぼ同じくらいの咬合力を負担しています。
ところが、第二大臼歯の生え方が不足している場合、第一大臼歯の負担割合が増大するので、歯周病や歯牙破折、クラックを伴う虫歯等のトラブルが第一大臼歯に続きます。
(大阪大学のM教授が仰るように、第二大臼歯が欠損していると顎関節が不安定になるためよくないそうです。)
また、第二大臼歯の位置に異常が認められる場合には、クロスバイトあるいはシザースバイトなどがあると思います。
このような異常咬合は、顎偏位をもたらしたり、顎関節周囲の異常を惹起したりすることになるでしょう。
個人的には、第二大臼歯の生え方が不足しているケースやクロスバイトやシザーズバイトのように歯ぎしりがしにくい咬み合わせでは、相対的にくいしばりの程度や頻度が大きいような気がしています。
またその一方で、よく噛んでいる部位がそうではない部位よりも先行してなくなっているという現象は、歯科治療ではよく拝見します。
歯がなくなったからその部位にインプラント治療という発想はもちろんですが、その歯がなぜなくなる運命にあったかまで考えることによって、同じようにインプラント治療を行っても、長期に安定した状態を維持できるのではないかと考えています。

2015年5月20日

hori (10:24)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

傾斜した大臼歯は特に側方力に弱い。

・歯の欠損を放置すると、特に下顎の遠心側隣在歯には通常近心傾斜が生じる。
これに伴う垂直方向の機能圧に対する抵抗能力は、歯軸が25°傾斜した条件では、およそ1/2-1/3となる。
このことからも十分に認識し、支台歯として用いる場合に容易な対応は避けなければならない。
・健康な歯の支持能力は、歯軸方向への力に対する抵抗性に対して側方力に対する抵抗性は、およそ犬歯で約1/16、切歯で1/20、小臼歯で1/25、大臼歯で1/32である。
ヒトの歯根は円錐形をしており、垂直圧に対しては歯根膜全体に機能圧が分散するため大きな力に抵抗できるが、側方圧に対してソケット辺縁の1か所に機能圧が集中するため、歯周組織の破壊を招きやすい。
(基本クラスプデンチャーの設計 より)
*****
このところ、アブフラクションおよび歯髄充血による歯痛を訴える患者さんが増加傾向にあるように感じます。
これらに関係すると考えられるのは、大臼歯の近心舌側偏位に伴う側方力が相対的に増大し、歯周組織の破壊が惹起されているものと推察されます。
歯牙が傾斜していることが問題ならば、歯列矯正を行い歯軸を改善するのが第一選択ですが、近年、患者さんの顎骨が小さいがゆえに、骨密度が高すぎる下顎骨体部に後方臼歯が存在し、それゆえに歯牙移動が困難なケースが見受けられます。
そのような場合、歯自体は健康でも、トータルの咬み合わせに問題を生じている場合は、歯軸改善を目的としたインプラント治療を行う場合があります。
やはり、インプラント治療でも歯列矯正でも良好な咬み合わせの構築を行うためのツールに過ぎないのです。

2015年5月 1日

hori (15:12)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

歯並びに自信がないということとは?

「歯並びがいいと婚活有利」88.9%
「歯並びがいいと出会いの場面で有利」と思っている婚活中の男女は88.9%に上るが、歯並びに「自信がない」人は58.5%。
11月8日の「いい歯の日」に合わせて、5年以内に結婚を希望する20-40代の男女2000人を対象に、マウスピース装置による矯正歯科治療「インビザライン・システム」を提供するアライン・テクノロジー・ジャパンが意識調査を実施したもの。
(アポロニア21 2014年12月号)
*****
インプラント希望で来院される方のお口を拝見すると、そちらの側が咬みやすかったがために、反対側よりも先に歯を失うことになったのではなかろうかと推測されるケースは少なくありません。
もちろん歯を失った部位のみにインプラント治療を行うこともできますが、反対側が咬みにくい原因があるのであれば、やはりそちらの咬み合わせの治療も必要となります。
歯並びの見た目に自信がないという状態は、多くの場合機能的にも問題を抱えていることが多いです。
(審美と機能は相関があります。
審美的問題を抱えるお口は機能的にも問題があり、審美的問題がないお口は、機能的にも問題がないのです。)
前後的・左右的誤差が少なければ咬み合わせの調整で対応しますが、誤差が大きい場合には歯列矯正が必要になる場合もあります。
咬み合わせの治療のツールとして、インプラントや歯列矯正があるのです。
インビザラインはその歯列矯正の一手法です。
インビザラインだけで歯列矯正治療が完了しない場合もあります。
付加的な治療が必要になる場合もあります。
多くのケースは総合的な治療になるのです。

2015年2月15日

hori (15:25)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

歯根間距離が大きくなると、骨縁下欠損の頻度が高くなる。

歯根間距離も骨欠損形態に大きく影響する。
Talらは344か所を調べ、骨頂レベルで根間距離を骨縁下欠損の発生に相関があり、根間距離を0.5ミリで区切り、1ミリ未満から7.5ミリ以上の範囲で分類すると、2.6ミリより大きくなるとその頻度が高くなる(20-57.1%)と報告している。
(参考文献)
Tal H. Relationship between the interproximal distance of roots and the prevalence of intrabony pockets. J Periodontol 1984 ; 55 (10) : 604-607.
*****
歯根間の距離が特定の部位だけが広く空いているところは、その部位には歯槽骨がなくなる場合が多いという趣旨の論文です。
そのような歯は動揺度が大きい場合も少なくなく、それゆえ、インプラント治療の適応になる場合もあります。
しかしながら、その一方で、歯根間距離を歯列矯正等の手法で、適正な状態とすることで、インプラント治療を回避できる場合もあります。
患者さんの価値観に合った治療を提供したいものです。

2014年10月30日

hori (08:50)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

親不知抜歯とインプラント

2回法抜歯では、1回目の処置後の待機期間中に歯が移動し、智歯と下顎管との距離が生じることを期待する方法であり、歯が移動しなければ治療法の利点はない。
鹿児島大学口腔外科のデータでは、近心傾斜もしくは水平歯では約90%の歯は動くものと判断できている。
動かない歯の特徴としては、年齢(40歳以上)や1回目処置前に隣接する第二大臼歯と接していない歯、歯根の湾曲・肥大のある歯などである。
その際は歯冠除去術に準じ、歯質の削除量を多くし、歯の移動がなければ癒着歯と判断し歯根を留置するのも一つの方法であろう。
・最近では、歯冠部歯髄を積極的に削除している。
歯冠部歯髄を削除した症例で1回目処置後に歯髄炎等が生じた例はない。
( 口腔外科ハンドマニュアル 2014 )
*****
親不知(智歯)の埋伏、その前方の第二大臼歯の傾斜、第一大臼歯欠損。
というような歯列をお持ちの方もいます。
歯が無くてお困りの第一大臼歯に、1本のインプラント治療を行うという方法もありますが、やはり傾斜した第二大臼歯を整直させたうえで、欠損部位にインプラントを行う方が患者さんの価値観に合う場合もあります。
また、傾斜した第二大臼歯を整直させるのにも、その後方の親知らずが邪魔をしており、すぐには整直させることができない場合も少なくありません。
そのような場合、埋伏している親知らずを抜歯する必要が出てきますが、親知らずが下歯槽神経に近接している場合、第二大臼歯が整直する程度のスペースとなる親知らずの歯冠の一部を削除し、いわゆる2回法抜歯を行うこともあります。
当院では、歯列矯正を先に開始し、親不知抜歯に際して生じたスペースを無駄なく、その前方歯の移動に役立てています。
歯列矯正を治療計画に含める場合、欠損を有する歯列に歯列矯正を行うことになるので、通常の歯列矯正よりも難易度が上がります。
また、治療期間が比較的長期になります。
そうなると、患者さんの価値観によっては、親不知と第二大臼歯をともに抜歯し、第一大臼歯・第二大臼歯部位に2本のインプラント治療を行うというケースも出てくるわけです。
(整直させた第二大臼歯が、反対側の上顎歯とうまく咬まないという場合も少なくありません。)
患者さんの価値観に合わせた治療ができるように、医療従事者は"治療技術の引き出し"の数を増やす努力をしなくてはならないのです。

2014年9月20日

hori (08:33)

カテゴリ:インプラントと歯列矯正

このページの先頭へ