インプラントオーバーデンチャーの最近のブログ記事

無歯顎患者にインプラントをした場合、インプラント周囲炎にはならないのか?

・10年フォローアップ期間における無歯顎患者へのインプラント支持型下顎オーバーデンチャーのインプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎の発症率

目的:2編の前向き研究のサブ分析の目的は、無歯顎患者への10年間のフォローアップ期間におけるインプラント支持型下顎オーバーデンチャーのインプラント周囲粘膜炎およびインプラント周囲炎の発症率について調べることである。

材料および方法:下顎オーバーデンチャーを支持する2本の骨内インプラントを有している150名の無歯顎患者が2編の前向き研究から抽出された。
臨床的およびX線学的パラメータについてオーバーデンチャー装着後、5および10年で評価された。
インプラント周囲粘膜炎およびインプラント周囲炎の発症率はインプラント周囲炎に対するConsensus of Seventh Workshop on Periodontologyに基づいてインプラントおよび患者レベルで算出された。
結果:インプラント周囲粘膜炎の患者レベルの発症率は、5年後評価で51.9%、10年後評価で57.0%であった。
インプラント周囲炎の患者レベルの発症率は、5年後評価で16.9%、10年後評価で29.7%であった。
結論:インプラント周囲粘膜炎およびインプラント周囲炎は無歯顎患者にも発症し、その数は多かった。
(参考文献)
Incidence of peri-implant mucositis and peri-implantitis in edentulous patients with an implant-retained mandibular overdenture during a 10-year follow-up period. Meijer HJ, Raghoebar GM, de Waal YC, Vissink A. J Clin Periodontol 2014 ; 41(12) : 1178-1183.
*****
10年近く前になりますが、歯周病の歯をすべて抜歯するから、All-on-4はインプラント周囲炎にはならないと以前聞いたことがありました。
しかしながら、後になって、歯牙をすべて抜歯しても、インプラント周囲炎の原因細菌は口腔内に依然として存在するために、All-on-4であってもインプラント周囲炎になるリスクはあるようです。
そしてさらに、歯槽骨に斜めに埋入するAll-on-4は、通常の埋入の場合と比較した場合、清掃性が悪いと考えているので、当院ではAll-on-4は行っておりません。

2018年10月10日

hori (08:11)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

ジルコニアインプラントの予知性は、現在のところ疑問がある結果。

・上下無歯顎者24人にインプラントオーバーデンチャー(以下、IOD)の固定源としてジルコニアグループとチタングループを12名ずつランダムに振り分け、1年間の臨床評価をしている。
生存率が下顎でチタン95.8%、ジルコニア90.9%、上顎でチタン71.9%、ジルコニア55%であった。
また、ジルコニアの予知性に疑問のある結果を示している。
(ザ・クリニカル クエスチョン )
*****
これも最新が最善とは限らないという一例ですね。
今後に期待したいところです。

2018年8月 1日

hori (08:59)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

ロケーターは、4年経過から不具合が多くなる。

・ロケーターにおいては、4年経過から不具合が多くなる。
(参考文献)
Five-year clinical traial using three attachment systems for implant overdentures. Cristache CM, Muntianu LA, Burlibasa M, Didilescu AC. Clin Oral Implants Res 2014; 25( 2 ): e171-178.
*****
当院でもロケーターを用いた2-IODを行っています。
最初の症例は、海外から個人輸入したロケーターを使用した記憶があります。
治療を終えてから、5年ほど経過しましたが、その状態については、「若干義歯が緩くなったけれど、支障なく使用できている」と患者さんからは聞いています。
ロケーターの雌部は樹脂製であるために、経年的に劣化します。
メーカーは3-4か月で交換することを推奨すると聞いたことがありますが、個人的にはそこまで劣化は早くはないと感じています。
また、雌部に使用する樹脂製の部品の交換は、治療前から想定されるものなので、トラブルに含めるべきではないと考えています。

2018年7月25日

hori (08:30)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

コーヌスデンチャーと認知症

・コーヌスデンチャーと認知症
複雑な設計のコーヌスデンチャーは、認知症が進むと着脱しにくく、清掃性も悪くなる。
装着しないまま咬合が変化して不適合になってしまっているケースが少なくない。
全身疾患などの変化を考え、義歯をメンテナンスしやすい形態に変える必要がある。
(アポロニア21 2018年4月号 )
*****
コーヌスデンチャーを推奨している歯科医師は、寝たきりになった際にも変化に対応しやすいと説明している方が多いです。
しかしながら、認知症の患者さんの歯科治療を多く手掛けている方の意見では、むしろコーヌスデンチャーの悪い面が出てしまっているという指摘があります。
ブリッジが力学的に適当ではないようなケースに対してコーヌスデンチャーを選択した場合、支台となっている歯牙が1本でも歯根破折等で抜去せざるを得ない状態になると、支える歯牙の数が減少しますから、軟らかいものしか食べていないのに義歯が痛いという状態になります。
義歯を入れても痛い場合には、次第に装着しなくなるのが人間ですし、支台となっている歯牙が挺出してきたり、傾斜してくると、ますます義歯をいれることすらままならなくなります。
また、咬めない状態が長く続くと、一層認知症の症状が進行するという他の研究報告もあります。
義歯の長期症例というと決まって登場するのが、このコーヌスデンチャーですが、そのようなケースの多くは、患者さんの年齢が若い時期から使用しているがゆえに、長期症例となっているケースが多いように感じます。
近年8020を達成している高齢者がかなり増加しているという背景を考えると、コーヌスデンチャーよりは必要な部位にインプラント治療を行う方が患者さんの利益につながると考えています。

2018年6月 1日

hori (08:49)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

硬質レジン歯は着色しやすい。

・レジン歯は義歯床と同じように紐状の分子構造のアクリルレジンでできています。
透明度が高く、義歯床ともよく接着するが、「摩耗しやすい」という欠点があります。
それを改善するために、硬質レジン歯では網目構造のレジンを使い、さらに、フィラーを加えることで耐摩耗性を向上させました。
しかし、このフィラーは摩耗には強いものの、レジンとの境界部が着色しやすい欠点があるのです。
したがって、レジン歯に比べて硬質レジン歯の方が着色しやすいということになります。
(歯科衛生士 2018年2月号 )
*****
硬質レジン歯は、レジン歯の摩耗しやすいという欠点を改善するために開発されました。
当然のことながら、人工歯の耐摩耗性は向上しましたが、摩耗に対抗するために加えられたフィラーがレジンとの境界部を着色しやすいという別な欠点を有するようになりました。
歯科学は材料とともに進化していますが、材料も右肩上がりにすべての面で改善が見込めるわけではないのだなあと痛感しました。

2018年5月15日

hori (10:46)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

4-IODは顎堤の吸収を守る。

・4本のインプラントを埋入した4本支持で、床をつけて加圧すると、インプラントが7割、顎堤が3割の支持割合になります。
ところが、前方2本だけのインプラントだと、インプラントが3割、顎堤が7割になると口腔内の測定から分かりました。
つまり、台形状に4本のインプラントで支持することで、インプラントが咬合支持の7割を負担してくれるの顎堤を吸収から守るのです。
(デンタルダイヤモンド 2018年1月号 )
*****
海外での下顎無歯顎の治療方法は、2-IOD、すなわち2本のインプラントを支持するオーバーデンチャーが第一選択であると聞きます。
しかしながら、2-IODを長期間にわたり使用すると、臼歯部の顎堤に過大な力がかかり、歯槽骨の吸収を惹起するそうです。
すなわち、2-IOD治療後に長期間が経過すると、下顎に固定性のインプラントブリッジの適応が困難となる可能性があるということなります。
そのような意味では、インプラントの本数をもう2本だけ追加して、4-IODの方が顎堤吸収という側面からは妥当性があるかもしれません。

2018年2月20日

hori (08:45)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

2-IODのリスク

・CawoodとHowellの分類のクラス4から5(顎堤の高さが12-18ミリ)に相当する中等度の顎堤吸収を伴った60名の無歯顎患者に対してランダムに2本並びに4本のインプラント支台のIODを製作した。

顎堤吸収の比較には、Wrightと Wastsonの方法に準じて行い、埋入直後および10年経過時のパノラマX線写真にて分析を行った。

その結果、2本支台のIODの方(ベースラインと比較して10%減)が、4本支台(同6%減)と比較し、有意に臼歯部顎堤吸収が大きくなった。

(参考文献)

Posterior mandibular residual ridge resorption in patients with overdentures supported by two or four endosseous implants in a 10-year prospective comparative study.

*****

当然の結果かと思います。

上顎中心のインプラント治療で、下顎には2-IODという治療計画はよく目にします。

2-IODは、咀嚼時に下顎総義歯と比較して、水平方向には移動しなくなるので、咬みやすくなるものと考えられますが、2-IODは下顎前方の2本のインプラントが回転軸となり、臼歯部の骨吸収を総義歯の場合よりも促してしまうということなのでしょう。

2017年7月15日

hori (08:42)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

歯冠長が15ミリを超えるインプラントは、IARPDを選択するべきだという意見がある。

・垂直的な骨量が不足している場合も、歯冠長が15ミリを超えるとインプラント-歯冠比が悪くなるので、インプラントにアタッチメントを装着したIARPDが有効な手段となる。
(参考文献)
Shahmiri RA, Atieh MA : Mandibular Kennedy Class ? implant-tooth-borne removable partial denture : a systematic review. J Oral Rehabil. 37(3) : 225-234,2010.
*****
これまでインプラントでは、天然歯のような厳格に歯冠-歯根比というものはありませんでした。
近年、ショートインプラントが普及した結果、多くの研究が報告され、『歯冠長が15ミリを超えるインプラントは、IARPDを選択するべきだ。』という一つの基準がでたようです。
一方、上顎洞内には比較的容易に垂直的骨量を増大させることが可能で、上顎ではインプラント-歯冠比を改善することが容易です。
そのため、上顎では垂直的骨量が不足しているケースであっても、インプラントブリッジが可能であることが多いです。

2017年5月 5日

hori (12:13)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

直接支台歯とインプラントに加わる荷重の垂直・側方成分

・直接支台歯とインプラントに加わる荷重の垂直・側方成分
               直接支台歯に加わる荷重 インプラントに加わる荷重
               側方成分  垂直成分   側方成分  垂直成分 
従来のPD          6.6±0.3   11.1±0.1           
インプラントPD 近心Imp  1.6±0.1    1.3±0.1  14.3±1.2  44.0±0.3
         遠心Imp  6.4±0.1   23.1±0.7  5.4±0.2   51.7±0.4
遠心インプラント支台時に直接支台歯に加わる荷重は、従来の部分床義歯に比較して増加した。
この結果は、インプラントの設置は直接支台歯の負担を軽減するとされてきたこれまでの知見と相反するものである。
遠心インプラント支台の存在は、義歯床下粘膜荷重を軽減させることは明らかであるが、軽減された分の荷重はインプラントと支台歯にて負担することになる。
すなわち、粘膜が主体であった遊離端欠損部の過重負担様式から、ロングスパンの固定性ブリッジの支持様式に近似する様式に移行したものと考えられる。
この場合、支台歯の過重負担の増加は合理的ともいえる。
「遊離端欠損形態の中間欠損化(ケネディ分類?級化)」はインプラントパーシャルデンチャーの力学的利点とされているが、場合によっては直接支台歯への負担増加になりうるため、この点については十分な配慮が必要である。
さらに、インプラント支台による義歯床下粘膜荷重の減少効果は明らかにされたが、遠心インプラント支台時には少なからず粘膜下荷重が測定された(7.4N)。
これは義歯床部のたわみ、あるいは今回使用したボールアタッチメントの可動性が影響したと考えられた。
これから、インプラントパーシャルデンチャーにおいても、アタッチメントの選択とともに、機能時の義歯の動揺・歪みによる粘膜荷重を考慮した調整の必要性が示唆される。
(参考文献)
Matsudate Y, et al. Load distribution on abutment tooth, implant and residual ridge with distal-extension implant-supported removable partial denture. J Prosthodont Res. 2016 ; ahead of print.
*****
567の遊離端欠損義歯で、5部の義歯床下にインプラントを設置した場合と、7部の義歯床下にインプラントを設置した場合とで、その上に部分床義歯を装着し、咬合力を変えたときに、力の分布が両者で異なっていたという研究報告です。
興味深いのは、7部の義歯床下にインプラントを設置した場合に、直接支台歯の負担が増大する点です。
これまでインプラントは直接支台歯の負担を軽減するとされてきましたが、7部のインプラントオーバーデンチャーでは、ロングスパンの固定性ブリッジの支持様式に移行するとのことです。

2017年3月15日

hori (16:15)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

2-IODの維持力を大きくしても、満足度向上には繋がらない。

・下顎の2インプラントオーバーデンチャー(2-IOD)装着者における装着後の維持力の大きさが患者満足度とQOLに与える影響
目的:本研究の目的は、下顎の2インプラントオーバーデンチャー装着者において、装着後の維持力の大きさが満足度とQOLに与える影響を明らかにすることである。
材料と方法:大学附属病院において治療した無歯顎症例で、下顎には2本のインプラントに単独のアタッチメントを装着したインプラントオーバーデンチャー、上顎はコンプリートデンチャーにより治療したものを対象とした。
オーバーデンチャーの維持にはボールまたはロケーターアタッチメントを使用した。
すべての患者に対してトルコ版のOral Healh Impact-14(OHIP-14)とビジュアルアナログスケール(VAS)形式の満足度の調査を実施した。
オーバーデンチャーの装着後の維持力の測定には特製の動的試験装置を用いた。
結果:本研究では55名の患者を対象とした。
装着後の維持力とVAS値との間には有意な相関はなかった。(P>0.05)。
結論:本臨床的研究の制約の中で、装着後に大きな維持力を有するインプラントオーバーデンチャーはより良好なQOLを提供するが、満足度には影響を与えないことが推定された。
(参考文献)
The influence of momentaly retention forces on patient satisfaction and quality of life of two-implant-retained mandibular overdenture wearers. Geckili O, Cilinger A, Erdongan O, Kesoglu AC, Bilmenoglu C, Ozdiler A, Bihan H, Int J Oral Maxillfac 2015 ; 30(2) : 397-402.
*****
当院でも、ロケーターアタッチメントを使用した2-インプラントオーバーデンチャーを提供しています。
ロケーターアタッチメントのパッケージには、維持力の異なる複数のリプレースメントメールが一つになっています。
ブルーが680g、ピンクが1361g、クリアが2268gという具合です。
維持力がもっとも弱いブルーでもそれなりの維持力があるという印象があったので、ブルーを使用してきました。
そんな中、今回紹介した文献でも、ロケーターアタッチメントの維持力が高いからといって、満足度には影響が与えないことが分かりました。
咀嚼する度に沈下する粘膜と全く沈下しないインプラントが共存するためには、患者さんの満足度に影響を与えない範囲で、インプラントへかかる力が弱い方が安心だと考えています。

2015年11月15日

hori (16:19)

カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー

このページの先頭へ