料金・価格

インプラントの費用

堀歯科医院で安くインプラントをするには?

同じインプラント手術と言っても、1つの手術部位に4本を埋入する場合と、4つの手術部位に4本を埋入する場合では、手術に要する手間は向上します。


歯茎をめくってまた閉じるというプロセスが、手術部位が増える分だけ増加するからです。

そのため、どこの歯科医院でも手術部位が複数存在する場合には、治療費の見積りは増加します。

一方、堀歯科医院の治療費は、どのようにして決定されているのでしょうか。

実は当院では、手術部位が複数存在していても、その分の治療費を請求しておりません。

これはすなわち治療部位が複数ある場合のインプラント治療においては、堀歯科医院では相対的に他の歯科医院よりも治療費が安いということになります。

それでは、なぜ当院ではそのようなことをしているのでしょうか。

一つ目の理由は治療費の見積りをなるべくシンプルにしたいからです。

患者さまとの信頼関係を構築し、良い状態を維持するためにも、治療方針や治療費を含め、何においても"分かりやすい"をキーワードにしているからです。


そして、二つ目の理由は、私自身が、歯茎をめくってまた閉じるというプロセスを、これまで5000本以上行なってきたために、空気を吸って吐くがごとく、手間と感じないレベルで手術を行っているからです。


またそれと関連してですが、堀歯科医院では、インプラント手術が1本でも20本でも、朝一に開始し午前中には終了しています。

(GBRやサイナスリフト、ソケットリフトを併用した場合であってもです。)

インプラント治療は、今ではどこの歯科医院でも行なっていますが、そのレベルは千差万別であるということになります。

医療費控除

『インプラントの良さは分かった。でも、高いのよね。。』とお考えのあなた!

インプラントは、確かに保険外診療であるために、それに対する費用は高額となります。

しかしながら、結果的にその費用を安くできる方法があるのなら、知りたいと思いませんか?
その方法とは・・・。

医療費控除という制度をうまく使うことです!


医療費控除とは、本人や家族の病気、けがに支払った医療費を税金の確定申告の際に所得から差し引くことができる制度です。


源泉徴収で給与を得られているサラリーマンの方は、多く払いすぎていた税金が帰ってきます。


対象となるのは、納税者と生計を同じくする家族が、1月1日から12月31日までに支払った医療費です。(美容目的のものは除く)
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
医療費控除額(最高 200 万円)=
(1月から12月までに支払った医療費総額?保険金などで補填される額)?10万円
(所得の合計が200万円までの人は所得合計額の5%)
上記に対する所得税が戻ってきます。
所得税率の高い方ほど、戻る金額も大きくなります。
また、計算上の還付額よりおさめた税金が少ない場合、おさめた金額までしか戻りません。


・医療費控除の詳細については、http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm 等を参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ