上顎臼歯部のインプラントの最近のブログ記事

骨質、インプラント径、表面性状が長期的なインプラント周囲骨吸収に及ぼす影響

・骨質、インプラント径、表面性状が長期的なインプラント周囲骨吸収に及ぼす影響
(目的)
インプラントの短・長期的な残存率および成功率に関係する因子の一つとしてインプラント周囲の辺縁骨吸収(MBL)が挙げられる。
本研究の目的は、長期的な観察において臨床的所見およびインプラントに関連する因子がMBLに及ぼす影響を検証することである。
(材料および方法)
172名の患者に埋入された558本のインプラントにおいて、MBLと臨床因子、インプラント関連因子、補綴設計関連因子との関係を調べた。
MBLはデジタルX線写真におけるスレッドの様相を基準として、コンピュータソフトウェアを用いて解析した。
(結果)
線形混合モデルによる解析により、以下の項目において有意差が認められた。
:タイプ4の骨における平均MBL(辺縁骨吸収)(0.047ミリ/年)は、他の骨質に比べると、有意に小さな値を示した(タイプ3の骨:0.086ミリ/年、タイプ2の骨:0.112ミリ/年、タイプ1の骨:0.138ミリ/年)。
インプラントの直径が1ミリ増すごとに平均MBLは0.033ミリ/年で大きくなった。
表面性状がスムースなインプラント(0.103ミリ/年)は、ラフなもの(0.122ミリ/年)と比べて小さなMBLを示した。
また、インプラント支持型全部床義歯以外の補綴設計においてMBLが認められた。
(結論)
本研究は後ろ向き研究であるため、限界が認められるものの、タイプ4の骨、直径の小さなインプラント、スムースなインプラント表面性状、インプラント支持型全部床義歯において小さな平均MBLが認められた。
(参考文献)
Relationship between long-term marginal bone loss and bone quality, implant width, and surface Lbanez C, Catena A, Galindo-Moreno P, Noguerol B, Magan-Fernadez A, Mesa F. Int J Oral Maxillofac Implants 2016 ; 31(2) : 398-405.
*****
上顎大臼歯部などのタイプ4などの骨質では、直径が大きくラフな表面性状のインプラント体を選択し埋入すると、インプラントの初期固定を得る可能性が高まります。
インプラント周囲の組織に動きがない方が、インプラント周囲に骨ができやすいので、初期固定を重視してきた歯科医師も多いかと思います。
しかしながら今回の文献により、骨が圧迫されるような力がかかるインプラント埋入(高トルク埋入)を行う程、MBLが有意な差をもって生じることが明らかになりました。
高トルクでインプラント埋入を行うと、インプラントを埋入したその日から咬めるというメリットはありますが、MBLが大きくなるのではやはり良いとは言えません。
患者さんのQOLを少しばかり向上させることよりも、長期的に考えて一番良い方法を選びたいものです。

2016年10月30日

hori (10:55)

カテゴリ:上顎臼歯部のインプラント

臼歯部の固定性上部構造における問題発生率

・臼歯部の固定性上部構造における問題発生率
近心カンチレバーを与えたブリッジタイプのインプラント補綴(26%)
ブリッジタイプのインプラント補綴(7%)
天然歯とインプラントを連結した場合(3%)
1歯欠損に対するインプラント補綴(4%)
1歯に1インプラント(2%)
(参考文献)
藤関雅嗣. インプラント除去に至った長期症例から学ぶ その2. 日本歯科医師会雑誌 2002 ; 55 : 529-536.
*****
このデータをみて意外だったのは、近心カンチレバーを与えたブリッジのタイプのインプラント補綴にトラブルが多いことです。
インプラント治療で近心カンチレバーを用いるのは、患者さんの予算が十分ではない場合(インプラントの埋入本数を1本分減らすことができるため。)や、前方の天然歯の近心傾斜の程度が大きく、欠損部最前方部位にインプラントを埋入した場合、天然歯の根尖と接触するリスクがある場合などです。
個人的には、補綴トラブルが多いとは感じてはいなかっただけに、興味深いデータです。
また、患者さんの予算の関係で、"1歯に1インプラント"という治療プランは選択しにくいケースが多いですが、中抜きをしたブリッジタイプの1/3以下のトラブル発生率ということを考えれば、臼歯部にはインプラント-インプラント間の距離が取れるのであれば、ブリッジタイプよりも"1歯に1インプラント"が良いということになるでしょう。
さらに、もう一つ意外だったのは、天然歯とインプラントを連結したケースでのトラブルが少なかったことです。
現在、天然歯とインプラントは連結しないのが一般的ですが、条件次第では、長期安定する方法もあるのかもしれません。
これについては、更なる検証が必要ということになるでしょう。

2015年2月25日

hori (09:28)

カテゴリ:上顎臼歯部のインプラント

上顎洞の形態差と上顎洞粘膜穿孔のリスクの関係

2001年、Choらは上顎洞の内壁と外壁のなす角度による上顎洞粘膜穿孔の発生率を報告した。
角度が60度以上の場合、穿孔は認められなかったが、30度以下になると、62.5%に穿孔を認めたと報告している。
粘膜の剥離が内壁まで確実に行われないと、造成骨への血液供給がなされないため、術後の骨吸収を引き起こすことになる。
したがって、穿孔させずに粘膜剥離を行うことが非常に重要である。
よって、術前にCTで角度を把握し、穿孔を起こさないよう丁寧な処置をシュミュレーションしておくことが、臨床上、不可欠となる。
もし穿孔した場合は、その部位によって修復の方法が異なるので、穿孔部位の正確な位置確認が必要となる。
(参考文献)
Cho SC, et al: Influence of anatomy on Xchneiderian membrane perforations during sinus elevation surgery : three-ddimensional analysis. Pract Proced Aestht Dent 13: 160-163,2001.
*****
同じように上顎臼歯部に増骨するにもしても、上顎洞粘膜の穿孔のリスクが、上顎洞の内壁と外壁とのなす角度の大きさによって変化するというエビデンスです。
難しいケースであればあるほど、リスクを正確に把握して慎重に事を進めなくてはならないと考えさせられました。

2014年12月30日

hori (08:52)

カテゴリ:上顎臼歯部のインプラント

上顎洞底拳上術を行ってはいけない症例とは?

上顎洞底拳上術を行ってはいけない症例とは?
1.隣在歯に根尖性歯周炎や残根、歯根膿疱が認められる症例
2.上顎洞内に細菌感染があることが確実な症例
3.術後の粘膜浮腫によって上顎洞自然口が閉塞する可能性が高い症例
(クインテッセンス デンタルインプラントロジー 2014 vol.21 5)
*****
上顎臼歯部にインプラント治療が必要なケースでは、そのほとんどで上顎洞底拳上術が必要になります。
確実な上顎洞底拳上術を行いたいものです。

2014年10月15日

hori (11:01)

カテゴリ:上顎臼歯部のインプラント

このページの先頭へ